日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

細川俊夫

刑事部屋 1956年 大映

監督 森一生 脚本 野上徹夫 原作 樫原一郎 出演 北原義郎 細川俊夫 三井弘次 嵯峨三智子 林成年 山形勲 浦辺粂子 角川映画より 東映チャンネルで視聴。1956年の刑事ものなので派手なアクションはないけれど地味でも私の好きな映画。 事件が起こると警察官が…

亡霊怪猫屋敷  1958年 新東宝

監督 中川信夫 脚本 石川義寛 藤島五郎 出演 細川俊夫 国方伝 アマゾンより 大蔵貢の怪談もの。大蔵貢の新東宝映画って、一人かせいぜい二人の顔の売れている俳優、女優をつかってその他出演者は知らない人ばかり・・・そこがねぇ・・・ 冒頭はお化け映画ら…

アツカマ氏とオヤカマ氏   1955年 新東宝

監督 千葉泰樹 脚本 笠原良三 出演 小林桂樹 上原謙 久保菜穂子 細川俊夫 花井蘭子 三原葉子 相馬千恵子 森繫久彌 遠山幸子 なかなか面白かった。 なんと小林桂樹が厚かましい役。 本社から営業課員として転任した小林桂樹=渥美謙太郎はその厚かましさでア…

黒線地帯  1960年 新東宝

監督 石井輝男 脚本 石井輝男 宮川一郎 出演 天地茂 三原葉子 細川俊夫 三ツ矢歌子 出演者では上記4名の名前しか知らない。 話の展開にスピードがあって無理もなく、○○地帯ものだからと馬鹿にできない映画だった。昔みたような記憶があったが多分冒頭ちょっ…