日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

風と樹と空と  1964年 日活

監督 松尾昭典 脚本 三木克巳

出演 吉永小百合 浜田光夫 和田浩二 川地民夫 加藤治子 十朱幸代

   山本陽子 永井智雄 安田道代 菅井きん 中村是好 高橋とよ

   野呂圭介

 

www.nikkatsu.com

 

なんと吉永小百合が4度もフラれる?物語(笑。

青森から友人5人と上京し、吉永小百合は大学生の川地民夫の一家の女中として就職する。友人はそれぞれ美容院や工場などへ行く。

 

まず、高校の同級生 和田浩二・・・吉永の友人と仲良くしていて後にふたりは結婚。

次は大学生の川地民夫。彼には十朱幸代という恋人がいた。

3番目が同じく同級生だった慎太だが、和田のアパートに恋人だと山本陽子を連れてくる。

美容院に勤めながらクラブで歌を歌っていた安田道代はすでにどちらも諦めてバーに勤めているが慎太にフラれた吉永が安田のアパートへ泊った翌日、安田がしみじみ浜田のような人と一緒になりたい・・・というのを聞いて自分も浜田が好きだと意識するが、

浜田は東京の暮らしには慣れないと、青森へ帰ってしまう。

上野駅まで見送りにいくが、浜田ののった汽車はでてしまった後・・・。

浜田は「みんなだんだん東京の人になっていくのだ・・・」とつぶやく。

 

結局浜田光夫と恋仲になるのか・・・と思っていた結末が違っていたのはびっくり(笑。

 

雇い主からおこずかいと渡されて、「やっぱり頂きます」とちゃっかりする吉永も新鮮でした。

 

山本陽子が新人とあります。

安田道代は最初気づかなかった(笑。