日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

影なき声  1958年 日活

監督 鈴木清順 脚本 秋元隆太 佐治乾 原作 松本清張

出演 南田洋子 二谷英明 高原駿雄 宍戸錠 金子信雄 芦田伸介 植村謙二郎

   内藤武敏 柳谷寛 近藤宏 初井言栄 

 

www.nikkatsu.com

 

最近見るものが多いが見て忘れるのも多い(笑。

 

新聞社に勤める二谷英明はある日、二谷の社で電話交換手をしていた南田洋子を見かける。彼女は結婚したらしいが随分前と違って所帯やつれしていた。

 

交換手時代に同じ苗字の違う家に電話をかけた彼女。同じ日、偶然にもその電話をかけた質店の店主が殺され、金品を奪われていたのだが電話にでた男がいた。

交換手をしているので耳はよい彼女だが、警察に呼ばれても犯人の特定にはいたらなかったが彼女のことは新聞に載った。

 

彼女の夫、高原駿雄は勤めていた会社を辞め、宍戸錠となにか事業をやるのだと言っているが、実際は宍戸の使い走りのようなことをしている。しかしそのことを妻には言えない。

f:id:nihoneiga1920-1960:20210709133411j:plain

二谷英明 高原駿雄 宍戸錠 競馬場で

賭けマージャンをするために高原・南田のアパートを使うことになる。

そこへ集まる客でカモにするのが薬局経営の金子信雄だが・・・・

 

原作が松本清張なのでおもしろい。南田は不甲斐ない夫、高原駿雄に愛想をつかし、二谷の元へでも行くのかと思ったが、そうじゃなかった。

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20210709133454j:plain

南田洋子