日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

白昼の無頼漢 1961年 東映

監督 深作欣二 脚本 佐治乾

出演 丹波哲郎 久保菜穂子 中原ひとみ 曽根晴美 春日俊二 八代万智子 沖竜二

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20211102153138j:plain

ビデオマーケットより

米軍の給料50万ドルを奪うため、丹波哲郎が仲間を集める。

朝鮮人アメリカの白人夫妻、米軍の黒人、そして弟分?の曽根晴美

丹波の愛人には久保菜穂子、狂暴な黒人をなだめるために黒人とのあいの子で売春している中原ひとみを買ってくる。

ところがその黒人が前に殺した男の妹、八代万智子はやくざ?ものの沖竜二の愛人で、彼に頼んで殺された兄の復讐でその黒人を殺してもらおうとするのだが・・・

 

集まった仲間はお互い信じあえない。

その不信感が描かれていておもしろかった。

 

みな殺し合いになって最後に残ったのが中原ひとみ・・・彼女の黒人化はメークもあるがよかった。

ただ白人男性が日本語ペラペラなんだけど、黒人もほぼ英語しか喋らないがなぜか日本語は通じる・・・ってとこが・・・まぁいいか(笑。

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20211102154216j:plain

オークフリーより