日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

第8監房  1956年 日活  

監督 阿部豊 脚本 白石五郎 原作 柴田錬三郎

出演 月丘夢路 三橋達也 河野秋武 三島謙 山岡久乃 植村謙二郎 芦田伸介

   黒田剛 宍戸錠 高品格 山田禅二

www.nikkatsu.com

 

衛星劇場より

 1956年の1月公開映画なので製作したのは前年の1955年だと思われる。

映像がよくないのは仕方ないか。

戦争に行った人たちがまだ現役でピンピンしてたであろうこの時代、物語も戦争中の出来事に絡んだもの。戦争によって人々の人生が狂わされた。

 

戦後、工務店を営んでいた高森(三橋達也)は金平組のマーケットの仕事を請け負ったが金を払ってもらえず、組の政という男を刺し逮捕されたが正当防衛が認められた。

しかし彼の工務店はつぶれてしまい、それから3年・・・。高森は金平組が取り仕切る街へ帰ってきた。彼は金平組の組長(植村謙二郎)にあの時のお金を払ってもらおうとするが組長は政の入院費やらなにやらでその金は相殺されているから払う気はないという・・・。高森は払うまであきらめないというがその帰り際、金平組が経営するクラブで、高森は見覚えのある女性をみた。彼女は金平組の組員ともめていたが高森が止めに入る。彼女は高森の戦争中の上官、黒田中尉の妻だった。

 

彼女、美智(月丘夢路)はルソン島で夫が戦死したと信じていたが、実は高森が黒田中尉が食料を独り占めしていると部下からきいて談判にいくが黒田中尉に銃を向けられ、逆に撃ち殺してしまったのだ。

戦後10年間、高森は黒田の遺品をもって彼の妻を探したが行方知れず。金平組の経営するクラブへ行って偶然にも巡り合えたのだ。

高森の上官射殺は当時のルソン島の状況から軍法会議にもかけられず、不問となり家族には戦死と伝えられていたし、事情を知る部下は彼の行為は正当防衛だというが高森は罪の意識にさいなまれるのだ。

 

美智に黒田の遺品を渡し、高森は黒田の本当の死因を伝えようとするがどうしても言えなかった・・・。

 

高森に刺された金平組の政(芦田伸介)は刑務所に入っていたが出所してきた。

政も美智にご執心だが、高森の存在を知った政は嫉妬にかられて高森を襲おうとするが

殴り合いの喧嘩となる。そこへ美智が駆けつけるが政は拳銃を取り出す。もみ合いの末政の手に会った拳銃は投げ出されたが、高森に最後のとどめとさそうと棒を振りかざす政を美智は落ちた拳銃で射殺。二人は逃げるが高森は捕まり、美智は金平組に拉致される。

 

警察署の第8監房へ収容された高森・・・(これが映画の題名になったんだね)。

そこには警察官となった当時の真相を知る戦時中の部下の西郷(三島謙)がいた。

 

メインな話以外で、警察に連れてこられるいろんな人達のシーンがあって飽きない。

会社の金を持ち逃げし、その金をおかまの娼婦に盗まれた男や無銭飲食の男、宗教の教祖さま・・・(笑。

 

美智は金森組の組長に橋から投げ落とされて結局死んでしまうのだが、高森は美智が病室で息絶える間際に告白するが告白し始めたと同時に美智が死んでしまうっていう(ネタバレですいません)シーンはなかなかよかった(^^♪

収監中の高森は重傷の美智のいる病院へ行くために警察官になっていた部下の西郷の協力で午前一時までに帰るという約束で警察署からでて病院へむかうのだが、これもドキドキだ。

ヤフオクより

美徳のよろめき  1957年 日活

監督 中平康 脚本 新藤兼人 原作 三島由紀夫

出演 月丘夢路 三國連太郎 葉山良二 千田是也 宮城千賀子 安部徹

   北林谷栄 渡辺美佐子 南田洋子 芦田伸介 西村晃 高友子

   二谷英明 草薙幸二郎 

 

www.nikkatsu.com

 

月丘夢路、よろめきます!なんとボーイとして入社間もない二谷英明が登場しているらしいが、どのボーイだったのか記憶にない(笑。

 

節子(月丘夢路)の少女時代(と言っても回想シーンで写真のみ)が月丘洋子という名前なのだが、月丘夢路の妹のらしい。

 

名家に生まれた節子は倉越(三國連太郎)という男と結婚し、幼稚園に通う男の子の母親で28歳。

倉越は実業家?で金持ちだが節子とは育ちが違う(ことが食事シーンでわかる)。

 

女中(高友子)もおり、鎌倉で何不自由ない暮らしだが、3年前のある日、銀座の交差点ですれ違った男性・・・しばらく経って夫の見送り?で来た東京駅の階段で節子はまた彼とすれ違う。その男性も気づいたようだがそのまま月日が流れ、

さらに2年後、節子の知人である会社の重役夫人の与志子(宮城千賀子)と行ったステーキハウスで今度は女性を連れた(南田洋子)彼とまたすれ違う。

彼、土屋(葉山良二)は節子が女学生の時に初めて接吻を交わした男性であった。

 

重役夫人の与志子は、プロレスラー(安部徹)と今でいう不倫の最中だが、与志子は彼のことを飽きてきていた。そんな話をして面白がる与志子に節子はなにも言えない。

 

節子の実家では宮家から嫁いできた祖母(北林谷栄)が亡くなり、その葬儀会場で

節子は土屋から3時に鎌倉八幡宮で待っていると突然言われる。

 

その日が来た・・・。

3時の10分前になっていたが節子は迷っている。行くか、行かないほうがよいか・・・行こうと思った時に息子が幼稚園から帰ってきた。

結局行きそびれ、土屋とは会えなかった。

 

土屋のことを考えるようになった節子・・・そしてこう思うのだ。

「土屋と会っても清い関係でいれば何も悩むことではないではないか・・・」

 

奔放な重役夫人の与志子との対比、夫や子供、そして実家の名誉なんかも考えてしまう節子・・・

さぁどーなる?どーなる?どーなる?どーする?(笑。

 

北林谷栄渡辺美佐子は二役で出演、まず節子の祖母(北林谷栄)、そして渡辺美佐子は姉として家族写真で登場。

次に産婦人科の医師で北林谷栄がまた登場し、渡辺美佐子は銀座のバーのマダムで再登場。なんでだ?(笑。女優さんならたくさんいたろうに・・・

 

葉山良二は田中絹代監督の「乳房よ永遠なれ」でやはり月丘夢路と共演した。

この作品はそれから2年後くらいだが、彼、太りやすい体質なのか2年前と比べると

細くない(かといっても太ってるわけでもないが)。その後、芦川いづみの相手役として日活で活躍したがそれもあまり長く続かなかった・・のは、ドンドン容姿が変わってしまった?から?デビューも遅かったせいかもしれない。(二谷英明も同じくデビューが遅かった。二人とも当初は主役もあるが結局準主役が多いイメージ)

 

ところで最近の人に「よろめき」なんて言っても意味がわかるのか?

 

 

 

絞首台の下 1959年 日活

監督 西河克己 脚本 高岩肇

出演 長門裕之 稲垣美穂子 渡辺美佐子 永井智雄 芦田伸介 清水まゆみ

   赤木圭一郎 香月美奈子 内藤武敏 信欣三 高品格 

 

 

www.nikkatsu.com

 

怪奇と戦慄の本格スリラー巨編!と日活は言っているが・・・。

 

十勝の開拓農家の娘、千早(稲垣美穂子)はある日、幼馴染の憲(赤木圭一郎)から4年ぶりに便りが届く。憲は船乗りだが同じ仕事に長くはつけないような男であったことが千早の兄のセリフでわかる。憲は千葉県にいるらしく、千早は早速、憲を訪ねて本州へ渡る。その連絡船で知人の島本(木浦祐三)に声をかけられる。彼は横浜の貿易会社で働いているといい、憲を訪ねるというと彼も久しぶりに会いたいと千早と共に手紙に書かれた住所を訪ねるとそこは刑務所だった・・・。

 

千早は兄の後輩で今は東京の新聞社に勤める乾(長門裕之)に千早の案内を頼んでいたが千早が新聞社に電話すると乾は新聞社を辞め、自立して情報社を営んでいたがそこへ連絡しても彼は外出中で島本と一緒に千葉へむかったのだった。

 

刑務所で面会した千早に憲は殺人で服役しているといい、ショックを受ける千早だったが憲の頼みで差し入れを買いに席を外すと島本がロシア語で憲と会話し、同席の刑務官に注意されたりする・・・。島本と憲はサハリンで育ち、ロシア語が堪能なのだ。

そんなことも知らず、差し入れやから出てきた千早はでてきた島本にそくされ、刑務所を後にして東京の乾の元へ身を寄せる。

 

乾の恋人は法医学者の久美子(渡辺美佐子)で乾を陰に日向に助けることになる。

 

千早は再度面会に訪れた差し入れやの待合室?で憲の弁護を引き受けたという岩淵弁護士(永井智雄)に声をかけられる。ちょっと様子を見に行くと刑務所へ入った岩淵だが

その後刑務所が騒がしくなる。戻ってきた岩淵に様子を訊くとなんと脱獄が発生したといい、それが憲だという。

 

乾は千早の話を総合して考えると裏になにかあると独自に調べることにするが・・・

 

ネタバレだが、憲の乗っていた船に積んであったものを巡って殺人がおこっていくのだが、脱獄した後拉致状態の憲が岩淵弁護士の葉山にある別荘にいるから助けてくれというメモ書きが乾の事務所に投げ込んである・・・そこで乾と恋人の久美子が葉山に向かうという設定。葉山の別荘はすでにもぬけの殻で憲がベッドルームで縛られていた痕跡があるのだが、そんな状態の憲がどうやって東京の(多分 東京駅ー有楽町間の線路下の事務所)にメモ書きを残せるのだ???(笑。

 

謎解きはなかなかおもしろかった。

時代なのかやっぱり米軍?がらみで乾は米軍基地(これ本物のよう)にも調査へいったりする。

 

千早は北海道へ帰るが、兄からまだ帰らないと電報がくる・・・が、三日後に無事に千早が帰ったことがわかり、乾の事務所の事務員(清水まゆみ)が千早に出来事を訊きに行くシーンがある。それ以降千早(稲垣美穂子)の出番がないが上野から発った列車の中で謎の女(香月美奈子)に声をかけられ、憲に会わせるからと東山温泉の旅館で3日間いたというが誰も現れず、北海道へ帰ったことが判明。←これは乾の注意を千早にすることの時間稼ぎ?みたいなようだがいまいちパンチがたりず、このシーンいるの?って感じだった。

 

赤木圭一郎の顔をなかなか映さない演出はよかった。彼はまだ新人だったけれどすでにこういった映画にちょこちょこ出演しその後の活躍は知ってのとおり。やはりスター性のある人は入社すぐに会社から目をつけられるのだろうか。

 

小林旭もそうだった。

 

絞首台の下という思わせぶりなタイトルだが、誰も死刑にはならない。

 

 

霧子のタンゴ 1963年 日活

監督 滝沢英輔 脚本 沢村勉 原作 沢野久雄

出演 松原智恵子 山内賢 南田洋子 小杉勇 松本克平 清水将夫 奈良岡朋子

   内藤武敏 弘松三郎 フランク永井

www.nikkatsu.com

 

松原智恵子の純愛もの・・・かと思いきや、なかなかの出来であった♪♪

 

千代(松原智恵子)はナイトクラブ トレドのクローク係だが、ある晩預かったトレンチコートのポケットに入っていた現金20万円入りの封筒がなくなったと客で大学生の大八木俊一(小杉勇)が騒ぐ。

千代は身に覚えがないが、支配人は上得意客(清水将夫)の息子のいうことを信じ千代を疑いの目でみる。

千代の両親はすでに亡く、佃島で畳職人の祖父(松本克平ち)と千代の姉で証券会社?に務める多恵(南田洋子)と暮らしているが、千代の伯父さんで祖父の息子が金に困り、千代の勤め先のコレドへ行って千代に借金を申し込むということがあり、金に困っている親戚の存在もあるので疑われたらしい・・・。

 

千代はこんな店、辞めたいと仲の良い同じ店でコックをしている菊川(山内賢)にこぼすが、菊川は今辞めたらますます君が疑われるから辞めるなと言い、彼女をデートに誘って元気づける。

それでも千代は職安に行ってみるが、コレドは給料が良い。家計にお金をいれないといけない千代はいやいやながらもコレドで我慢しようとするが、どうも居心地が悪い。

 

大学生の大八木俊一は母を亡くし、靴メーカーの社長(清水将夫)と豪邸に暮らしている。なくなった20万円も父が大学への寄付金として渡した金だったが、俊一は大学へも行かず、毎晩父のつけで銀座を飲み歩いている。

亡くなったという彼の母は実の母ではなく、彼は父と柳橋の料亭の中居だった女との間にできた子供であることを知った俊一は荒れていたのだが、父はそんなことも知らず息子の行動に困惑するばかりだ。

 

コレドでコックをしている菊川は父を亡くし、家が苦しくなって学校を中退した過去がある。菊川と大八木は昔同級生で旧知の仲だった。菊川は大八木を訪ね、20万円のお金がなくなったというせいで千代は仕事を奪われそうになっている。なんとか助けてくれと頼んだりするのだ。

千代は決心して大八木の家を訪ね、私が盗んだのではないと支配人に言ってくれと頭を下げる。お金などどうでもよい大八木は千代とコレドに行き、支配人に20万円は自分の机に入っていたと作り話をするが、支配人は気を使ってウソを言っているといって千代をクビにする・・・。

 

自分のせいで千代が職を失ったと知って大八木は父親になんとかしてくれと頼むが父からはコレドの人事まで口出しできないときっぱり断るのだが・・・

 

翌日?大八木の父は佃島の千代の家を訪ね、もしよかったら自分の会社に勤めないか?という。コレドより高い給料をはずむという。

千代は姉の多恵が失業しているという男性と一緒になるといって家を出て行ってしまい、祖父との生活のためにもなんとか稼がなくてはならなかった。

社長である大八木の父は靴メーカーでお店も何店舗かあるという。そこで店員をすることになるが、社長が定時より前に誘いにきて二人はどこかに行く。それを見て他の店員は社長と千代の仲を疑うのだったが、彼は息子の俊一と千代を会わせていたのだ。

千代に会うようになって飲んだくれの息子が酒をやめ明るくなったのだ。

 

菊川が千代を訪ねて靴やを訪れるとまだ定時前なのに千代はいなかった。店員に訊くと社長との仲をほのめかされ菊川はビックリしてしまう・・・(ああ勘違い)

 

ある日千代を訪ねて佃島の家へ行った菊川だが、千代の祖父(松本克平)が熱を出して寝ていた。千代はまだ帰らないという。医者を呼びに行った帰り、菊川は千代が俊一の車で送られてきてキスをしているところを目にしてしまう・・・。

 

先に千代の家へ帰り、祖父の面倒を見る菊川・・そこへ千代が帰ってくるが菊川は怒りで千代とは口もきかない。

どーなるこのふたり!!!

まぁ私ならお金持ちの俊一を選ぶけどね(笑。

 

 

暴力街  1974年 東映

監督 五社英雄 脚本 掛札昌裕 中島信昭 原作 五社英雄

出演 安藤昇 小林旭 菅原文太 夏八木勲 室田日出男 赤座美代子 葉山良二

   丹波哲郎 川村真樹

 

なんだかフラメンコの場面が長くて、外人の裸ありーの、絡みシーンありーの、

ストリップありーのでほんと、70年代な映画だった。

 

銀座でクラブを経営する江川(安藤昇)は東菊会の幹部だったが組のために懲役を済ませると世の中は変わっていた。彼の恋人だった女(赤座美代子)は今は東菊会会長の妻となっていた。

ヤクザから足を洗う代わりに組からもらった銀座のクラブを手下だったものと経営しているが、東菊会はその登記は組のものだからと江川を追い出そうと画策。一方関西からは東京に進出したい西日本連合会という組織も動き出す。

 

江川を追い出すなどとんでもないと手下は江川に内緒で東菊会の芸能事務所に所属するアイドル歌手を誘拐し身代金一億円を奪う計画を立てる。

うまくアイドルを誘拐したが見張りのチンピラがアイドルを襲おうとしてもみ合いになり思わず絞殺してしまう。それを知った上の者だがそのまま計画を遂行しまんまと一億円を受け取るが殺されているアイドルがホテルに放置され、東菊会は西日本連合の仕業だといきりたつ・・・。

この時の金の受け渡しは面白かった。

これで東と西のヤクザが喧嘩してくれればおもしろいと江川の手下は喜ぶのだ。

 

しかーし、なぜか彼らは江川に組を再建してくれと頼み、東菊会をつぶそうというが江川は納得しない。

 

で、なんだかわからないが身代金の事件が江川たちの仕業だとわかり東菊組は江川の手下をひとりひとり殺していく・・・。

小林旭は東菊会にいるが元は江川をアニキと呼ぶ仲だ。

同じ組の幹部として葉山良二が出演し、キャストも上だがなぜかセリフは一切なくて

最後はあっけなく射殺される・・・という不思議な役(笑。ただ日活時代と違い葉山良二に若さはもうなく・・・。

 

安藤昇の情婦役を熱演した川村真樹という女優さん、おっぱい出して頑張ったがネットで調べると今はクラブでママをやっている?

 

東菊会の会長の剛原という人の声がまるで吹替?みたいだったのはなぜ?

ヤクザ映画が好きな人ならおもしろい映画かもしれない。

 

 

ファンキーハットの快男児 二千万円の腕 1961年 東映

監督 深作欣二 脚本 田辺虎男 池田雄一

出演 千葉真一 中原ひとみ 花沢徳衛 神田隆 須藤健 関山耕司 小川守

   岡本四郎 加藤嘉 加藤鞆子

 

 

中原ひとみが映画冒頭登場し、前回と同じ?ようなジャズ喫茶で父親(十朱久雄)と待ち合わせしていたので前回と同じ役(お金持ちの令嬢)と思ったら、お金持ちらしいが彼女はスポーツ記者で前回とは繋がりがない。

 

高校野球で活躍した選手をプロ野球がスカウトする話だが、その契約金を狙って

その少年の故郷のボス(神田隆)が悪だくみする。

 

スポーツ記者の美矢子(中原ひとみ)は父から見合いするようにとある観劇のチケットを受け取る。「への13番」という美矢子の隣に座る男性が整形外科医の見合い相手だという。しぶしぶ出かける美矢子の後を彼女をジャズ喫茶で見初めた一郎(千葉真一

が後をつけ、彼女の隣へ座る・・・。座るはずだった整形外科医は溺死しており来ないのだが、美矢子は一郎が見合い相手だと思い一郎の態度に憤慨する・・・。

 

当時の社会を騒がせていた出来事を織り込みながらのストーリー展開。神風タクシーと呼ばれた運転の荒い運転手も登場(笑。

その運転手は人を轢いたと警察へ行くが、警察官は相手にしない(え?)。

 

その轢かれたというのが高校球児の川原だが、彼は姿を消しており新聞記者や球団のスカウトは探し回っているが行方がしれない。彼の後見人だという故郷の実力者、黒谷(神田隆)とその手下、岩崎(須藤健)はけがをした川原の顔を整形外科医に治させ、骨折した腕も治療させてなんとかごまかして彼を球団に高く売ろうとする。

それを知った美矢子の見合い相手だった外科医が警察に言うといったので溺死にみせかけ殺されてしまったが、美矢子の父は見合い前に天下探偵事務所にその外科医の身元を調査してもらっており、その男性の調査の結果が良かったので見合いして結婚させようとしていたのに当初、警察で言われた泥酔して溺死するような男を大丈夫だと調査した探偵事務所の所長(花沢徳衛)に電話で抗議。しかしうちの調査に狂いはないと怒り心頭の所長・・・

 

今回の千葉真一、器械体操こそしないが(笑、馬に乗って疾走する。

 

出演者は警視庁物語の出演者で前回と同じ。加藤嘉が飄々とした田舎の老刑事を演じている。神田隆の手下の須藤健はズラをかぶって熱演。

 

2作つくられてその後はない。まぁ結構おもしろいんだけどね。

ここでいう整形外科医というのはどうやら美容整形のことらしい。ただ、高校球児が

タクシーにはねられたことによって骨折した腕の治療もしてることでなんだかわからない微妙な設定だ。(そもそも彼の顔を整形といってもなんにも変わってない顔だったし)

 

 

 

ファンキーハットの快男児  1961年 東映

監督 深作欣二 脚本 田辺虎男 池田雄一

出演 千葉真一 中原ひとみ 花沢徳衛 加藤嘉 神田隆 新井茂子

 

アマゾンより

 

かなーり日活アクションを意識した映画。ヤクザ映画以前に深作欣二ってこんな映画を撮っていたんだね。仁義なき戦い千葉真一がでてくる回があるけれどその時のファッションが同じっぽいのはこの映画があったから??

 

天下探偵事務所、所長の息子の天下一郎(千葉真一)は友人とオープンカーに乗り街で女の子をナンパ。

彼女はお金持ちの家の娘でなんと株式投資をしており500万円をすってしまったのでクサクサしている・・なんてことをいう。一緒に入ったジャズ喫茶で一郎は彼女に車を売ろうとする(これよくわからん)

 

 

一方、国産省の局長(加藤嘉)の幼稚園に通う息子が誘拐され、身代金500万円が要求される。

彼は天下探偵事務所へ相談(なぜ警察じゃないのだ?笑)

 

意気投合いsた一郎とみどりが変な方法で企業からお金をもらったことに味をしめ、みどりは国産省の局長宅へ電話をかけると誘拐犯からの電話だと間違われ、指定したホテルには天下探偵事務所の所長や職員が変装して待機・・・そこへみどりがやってくる・・・

 

局長と建設会社の癒着と裏金を軸に話が進行。一時間なので飽きない。

 

東映のアクションスター千葉真一。日活とは俳優の運動能力が違うのを見せつけるためなのかw、中原ひとみの家へ遊びに行った千葉真一がなぜか鉄棒で器械体操を披露する(笑。これぞ本物のアクションスターだ!・・と言わんばかりで結構そのシーンが長い。日活で一番運動神経が良いのが小林旭だと思う。ほぼスタントをつかわなかったという。その点では千葉真一は映画界きってで運動神経抜群だ。のちの活躍でそれが存分に発揮される。

出演者が警視庁物語とほぼ同じなのが気になるが(笑、まいいでしょう。

神田隆はここでは怖い建設会社の社長だった。