日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

若者たち   1968年 

監督 森川時久 脚本 山内久

出演 田中邦衛 山本圭 橋本功 佐藤オリエ 松山省二 石立鉄男 小川真由美

   大塚道子 栗原小巻 井川比佐志 寺田路恵 江守徹 大滝秀治 東野孝彦

 

「若者たち」の記念すべき映画化第一作!

 

栗原小巻は少しだけの出演だけれど、彼女の存在感はただならぬ(笑。思わずガン見。

 

見ている途中で思い出したが、これ過去に見たことがある。多分、ユーチューブにアップされてたんだと思う。

 

両親を早くに亡くした佐藤家。長兄の太郎は兄弟の面倒を自分がみてきたという自負がある。次男の次郎は長距離運転手出稼ぐ。三男の三郎は大学3年生。唯一の妹オリエは家事一切を引き受け、末の弟の末吉は一浪し今度こそはと予備校?に通いながら受験勉強に励んでいる。

 

私は最後の3作目から見てしまったので第一作からつながりがあるのかと思ったけれど

ちょっと違って、兄弟、妹の恋愛模様があったりでこれは評判だったんだろうとひどく納得した。ただかなり疑問だったのは高校を卒業していながらオリエが靴工場で働くってところ。ま、いいか。

 

映画冒頭に差別的なセリフがあるけど 云々とでてくる。

広島の原爆で孤児になり、オリエが勤める靴工場で働く青年をと仲良くするオリエの同僚が彼とは仲良くしないほうが良い。ピカにやられたから。というセリフとか、オリエが佐藤家に彼を紹介しようとすると長男の太郎が「生まれてくる子供が・・」と言い出して三男の三郎と言い争いになる場面なんかがあるのでそのことだろうと思うが、

三郎のセリフでそんなことは科学的ではないとちゃんと言わせている。

 

兄弟の激しい喧嘩で同級生の住むアパートに転がり込んだオリエだが、その同級生は三作目では次男の二郎の奥さんとなっていた人で、彼らの出会いがこの映画でわかった。

これは繋がりがある。

 

オリエは平塚へ突然行ってしまった彼を追い、再会を果たすのだが、確か3作目で

その人は別の女性と一緒になるんじゃなかったっけ。

 

思わず前頭葉が緩んだのは、長男が自分の学歴を理由に紹介された女性から結婚できないと振られてしまう。その晩、大学に合格できなかった四男が大学へ行かずに働くと言われる場面・・・。

 

田中邦衛小川真由美が二人で会う場所が隅田川。反対側に松屋が見える。そしてそこは整備される前のカミソリ堤防だった。

 

日本映画専門チャンネルより

 

鬼平犯科帳  木の実鳥の宗八 1997年4月16日5放映 第7シリーズ

www.fujitv.co.jp

 

大木実は1923年生まれなので74才!の時の映像。

 

スリの名人だった宗八(大木実)は直参の旗本から財布をするところから始まる。

金だけ抜き取って財布を捨てたが、その場面を鬼平は見ていた。

捨てられた財布の中には大店の図面が入っていたが、どこの店なのかわからない。

それにどうして旗本がそんな図面を持っているのかも謎だ。

こうして色々なことがおこるが、

老人になった宗八だが、昔遊んだ遊女が忘れられない。

宗八が遊女と遊ぶ場面は遊女役が山口美也子で懐かしい顔だった。今どうしているだろう。

 

時代劇でスリの老人、しかも色ぼけ役の大木実。演技がうますぎるのかボロボロに老けていてちょっとショック(笑。声も高くて弱々しく、これはわざとか?

 

中村吉右衛門鬼平は非常にかっこよくてテレビの時代劇をよく見ていた私からしても

おもしろいドラマだったし、池波正太郎の原作本も読んだ。原作が面白いのでドラマになっても面白いのかもしれない。

 

くちづけ 1955年 東宝

監督 筧 正典 鈴木英夫 成瀬巳喜男 脚本 松山善三 原作 石坂洋二郎

出演 青山京子 太刀川洋一 十朱久雄 杉葉子 笠智衆 滝花久子

   中原ひとみ 司葉子 小泉博 清川虹子 藤原釜足 飯田蝶子

   高峰秀子 上原謙 中村メイコ 小林桂樹 伊豆肇 長岡輝子 八千草薫

 

「くちづけ」で検索される方が多く、多分、この1955年のだろうと思うが前に1957年

大映映画で同じ題名で川口浩野添ひとみの「くちづけ」がヒットするので申し訳ないと思っていたが、3月からアマゾンで予約し昨日届いたDVDは本物の(笑、「くちづけ」だ。

 

脚本が松山善三なので安心する。1955年といばデコちゃんと松山善三氏が結婚した年だ。

3部作なんだけど期待が大きかった分、普通だったのでちょっとがっかり(;'∀')

 

第一話 くちづけ 

大学生のくみ子(青山京子)が同級生の健二(太刀川洋一)に突然唇を奪われるが、

結局きちんと結婚することになるというお話。彼女の家には母親(滝花久子)と亡き兄の兄嫁(杉葉子)とその子供がおり、なんと生活費は伯父(十朱久雄)が出している。

それも仕方なくではなく兄嫁の再婚相手を紹介しようとするが母親や伯父は自分達がそれを言うと追い出したいからと勘違いされても困るとくみ子にそれとなく言ってもらうように頼んだりする。

ある夜、兄嫁は結婚前に亡き夫と接吻したことがあるとくみ子に言ったりする。

 

兄嫁は再婚を断るのだが、自分の家でもない亡き夫の家に子供と住んで生活まで面倒みてもらう、くみ子もそんなことも何とも思わず、母親も何も言わない・・と言ういい人だらけの物語(笑。

 

第2話 霧の中の少女

実家に帰省中の大学生、由子(司葉子)の処へ大学の親友、上村(小T泉博)がやってくる。母(清川虹子)は良く思わないが、祖母(飯田蝶子)の一声で泊まることが許される。妹の妙子(中原ひとみ)は16才の少女で由子と上村のことが気になって仕方がない。母親からも二人を監視するように言われている。ある日、山の温泉へ上村、由子、

妙子、弟と行く。その晩、由子と上村は深夜の森へと消える・・・・。

上村が東京毛帰る日、妙子はふたりに抗議するが、姉にも上村にも笑われてしまい、妙子も一緒に笑ってしまう。

姉から上村にプロポーズされたとその後妙子は聞かされる・・・みたいな話でやっぱりめでたし、めでたしな物語。

司葉子がすっぴんに近く、それでも非常にキレイだった。

 

第3話 女同士

 

町医者の育三(上原謙)と看護婦のキヨ子(中村メイコ)の仲を疑う妻の朋子(高峰秀子)。偶然目にしたキヨ子の日記には夫が好きであると書いてある。

朋子は嫉妬を覚えるが、キヨ子と出入りの八百屋の清吉(小林桂樹)を結婚させ、育三から遠ざけようとする。

 

この物語が一番面白かった。特に最後が皮肉で、キヨ子と清吉は結婚。ホッとしたのもつかの間、新しい看護婦を雇うことになるが、それは「美しい、22才の女性」で育三がみとれているところへ朋子が様子をみにくる・・・

振り返って朋子に「よろしくお願いします。」と

言うのはなんと八千草薫だった。朋子の悩みは尽きないってことか(笑。

八千草薫はまだ宝塚を退団前だ。お嫁さんにしたい有名人にたびたに首位になったとある。

中村メイコは1934年生まれでこの映画当時は21才だが、普通、女優さんて若い時は美人だったり可愛かったりするのだが、申し訳ないが彼女はそのどちらでもないのだった(と思った (;'∀'))

物語の中では「とてもいい娘だ」とデコちゃんが言うが、美人とか可愛いとかのセリフはない・・・。若い娘なのだよ(笑。

 

アマゾンより

 

 

      

 

 

ぼけますから、よろしくお願いします。  2018年 

監督・撮影 信友直子

 



102分ほどのドキュメンタリー。高齢者に片足をつっこんでいる身としては将来の自分と重ね合わせて眠くならずに視聴。

 

監督の両親のドキュメンタリーだが母の認知症のことのみならず大正9年生まれの父親も興味深かった。

母親は85才でアルツハイマー認知症と診断されるが、94才の父が呉で面倒をみる。

認知症というと暴れたり、徘徊したりが強調されるけれど、彼女の場合は進行がゆっくりな気がする。しかし料理は作れなくなったり、風呂の掃除が大変になったりで結局ヘルパーさんを頼むことになるが、このおうちの二人は敷布団で寝ており、毎朝布団をしまうのだが、寝る部屋にある押し入れではなくて廊下を挟んだ小さいダイニング?のような部屋の押し入れへしまう。布団て座ったり、立ったり、そもそも深く腰掛けられなくなったら布団に入ることもできないのにすごいと思った。

 

さらに洗濯。二層式の洗濯機が廊下に置いてあって、母は洗い流すのは風呂場でたらいをつかっている。節水ということで昔からそうだった模様。それにしても二層式洗濯機をいまだにつかっているのは凄い。水は風呂場?からホースを引っ張ってきて入れていて洗い(だから水の量は自動ではないと思う。多分、彼女がで確認)、流すのは風呂場で手で流し(3回する)、脱水機にいれてるんだろうと思う。

 

生活そのものが運動って感じ。

 

父親は家で書物を読んだり、なにか歌っていたり(うなってる?)、一日中家にいるんだけど頭ははっきりしている。腰は曲がっているが。ただ耳が遠い。

彼はコーヒーメーカーでコーヒーを入れる。コーヒーカップはいつもソーサーとカップが対になったちゃんとしたものでマグカップではないところになんだか感動。

うちではお客様に出す以外はマグカップなのでなんだか反省(笑。

結構大きなカップになみなみと注ぐコーヒーは美味しそうだった。

 

よく認知症予防であれがいい、これがいいということが言われるが

このドキュメンタリーをみるとなんだかわからなくなった。

父親はずっと家にいるのに認知症にはならず、社交的で裁縫、家事、そして書道展で大賞を取った母が認知症になった。手を動かしたり、人と接するは良いときくし女性のほうがおしゃべりで近所づきあいなんかも男性よりしてきてるのになんなんだ?

それとも読書のほうが良いのか?

 

思わず涙が出たのは母親の手を父親が握る場面。

いつも手を繋いでいる夫婦じゃなかったから涙がでたんで、これが世の流行で手を繋いで歩いていた人たち(最近お洒落な高齢者でよく見る。もちろんまだ元気で歩ける人たち)だったら別になんとも思わなかった。

 

呉弁とでもいうのか方言も癒された。そういえば仁義なき戦い菅原文太が演じたヤクザは呉出身だという役なんだよね。

 

この夫婦、どうなったんだろうと思ったらなんと続編が作られ、今年、2022年3月に封切られていた。見たいなぁ。

 

このドキュメンタリーで呉でとても有名になった夫婦だとネットにある。

 

 

 

 

 

 

白い炎 1958年 松竹

監督 番匠義彰 脚本 柳井隆雄 原作 井上靖

出演 大木実 高千穂ひずる 田村高廣 小鳩くるみ 夏川静江 笠智衆

   有沢正子 小林十九二

   

www.shochiku.co.jp

松竹より

当時はやりのメロドラマなんだけど原作が井上靖なんで丁寧なつくり。

 

那津子はちべっとへ探検に行きたいという遠い親戚の木津(田村高廣)と恋仲であったが、木津は酔っぱらった時に那津子の友人の愛子(小鳩くるみ)と口づけを交わしてしまったことが許せず悶々とした日を送っているうちに木津と愛子が結婚することを知る。

山登りで知り合った新聞記者の的場(大木実)は強引で厚かましいが悪い男ではなく

那津子と結婚したいと那津子の両親へ勝手に申し入れる。

ある日、那津子は愛子に誘われ、愛子と木津の暮らす家へ行く。愛子は大学生を家へ呼んで遊んでいるがそれは家庭で木津と会話がなく冷え切っているからだという。愛子に頼まれて木津と愛子の仲を取り持つために仕方なく木津と会うことになった那津子。

お互いまだ愛していることを確認し、木津からその日の夜行で京都行きを承諾する。

同じ日、的場に呼ばれ彼のアパートへ行くと富士宮で医者をしている父(笠智衆)と会わせられるはめになるが那津子は的場の父親にはっきり結婚を断るのだ。

 

東京駅へ行った那津子はそこで自問自答する。木津と京都へ行くことは親友の愛子を裏切ることになる・・・でも自分は木津を愛している・・・

木津はホームで那津子を待つが結局那津子は現れず、ひとり夜行に乗る木津・・・。

 

那津子はその足で的場のアパートへ行き、自分をどうにかして欲しいと訴え、二人は一夜を共に過ごす。翌朝、楽しそうに那津子との結婚式や結婚後の生活を話す的場だが

那津子はやはり木津のことを思い出すのだった。

 

新聞記者だった的場はなかなかのやり手で記者を辞めて実業家として大阪で商売を始めており、那津子は大阪の天王寺の借家で暮らすことになった。誰も知る者がいない大阪は那津子にとっては静かに過ごせる環境だったが、ある日愛子が京都へ来ているから会いたいという。木津のことを思い出されて気乗りはしなかったが愛子は木津が愛子の父の証券会社を継いだが株で失敗し債務整理をしていることをきく。

愛子は結婚というものはやはり愛してくれる人と一緒になったほうがよい。木津はなんだか自分を愛していないようだった・・・と那津子に言う。愛子は木津と離婚するつもりのようだ。

 

東京へ戻った那津子は的場に隠れて木津の会社を訪ねる。彼は会社に寝泊まりし残務整理をしていると新聞で知ったのだ。このままでは木津は自殺するのではないか・・・と不安になった那津子は腹を決めて木津を伊豆へ行こうと誘った。

そして夫の的場に木津を助けて欲しいと頼むが的場は鼻で笑って助ける気はないという。

翌日、約束の時間になっても木津は現れない。前とは逆に今度は那津子がまちぼうけ。ひとり汽車に乗って彼女は的場の父のいる富士宮を訪ねる。

迎えにきた的場と喧嘩となり義父の家を出ようとすると木津からお礼のはがきが届いていた。的場が援助を申し入れた知った那津子だが結局木津は自殺してしまった。しかし夫の行動に感動した那津子はこの時はっきり的場についていこうとすがるのだった・・・

 

衛星劇場より

高千穂ひずるの役は結構はっきりモノを言う女性だが現代を比べるとまだまだ奥ゆかしい。親友の夫と夜行列車に乗ろうか、どうしようか・・と迷うところはドキドキした。

 

もう一人の友人として有沢正子が登場する。髪型からか高峰秀子に本当に似ていた。

 

有沢正子

これだけ的場(大木実)に愛される那津子(高千穂ひずる)は幸せだと思うよ。

 

俺は銀座の騎兵隊  1960年 日活

監督 野口博志 脚本 山崎巌

出演 和田浩二 清水まゆみ 守屋浩 二本柳寛 岡田真澄 神戸瓢介 杉山俊夫

   刈屋ヒデ子 待田京介 近藤宏

 

www.nikkatsu.com

 

アマゾンより

アマゾンプライムで無料視聴♪

和田浩二はまさに日活にぴったりだった俳優だ。当時なんと16才!

石原裕次郎赤木圭一郎小林旭の全盛期、彼も日活路線で何本も映画を撮った。

ちょっとした横顔や角度でまさに石原裕次郎そっくりだ。

 

ところが、だんだん主役から脇役になってしまった。カッコよかったんだが。

 

勝鬨橋近くの野原に停めてある廃バスを住処にしているスリの二人は刑事に目をつけられているが、ある日混雑した都電(懐かしい)で赤ちゃんをおぶった主婦から財布をすり、ちょうど隣にいた三郎(和田浩二)のポケットに財布を入れて逃げ出す。

そんなことで物語が始まるのだ。

 

廃バスには銀座のクラブでボーイをしていて将来は歌手を夢見る正一(守屋浩)と

銀座で花売りをしながら店をもちたいと思っている久子(刈屋ヒデ子)も一緒に暮らしている。

 

この守屋浩って人、「僕は泣いちっち」の人なんだね。初めてみたような気がする。

歌は聞いたことがある。なんと私が生まれる前の1959年発売の曲だった。

 

スリの良則(杉山俊夫)と黒人との混血児リチャード(神戸瓢介)がユミ子(清水まゆみ)から麻薬取引のための暗号を写してあるネガが入った封筒を盗むことによって

組織から狙われる。日活らしく色々おこる。(以下略)

 

最後はなんと和田浩二が馬に乗って銀座の大通り(ソニー)と不二家のある数寄屋橋から4丁目に向かって清水まゆみらと練り歩くってとこで終わるんだけど、昼日中の撮影なのか普通に車が走っていた。

 

ロケとうまく組み合わせている。

 

黒人との混血児の神戸瓢介のメイクは凄く、最初なんでこんなに顔が黒いのだ?と思ったけど、今ならこれダメだよね?

 

日活より カラーなのになんで白黒写真なのだ?が疑問の一枚

 

 

山口組三代目  1973年 東映

監督 山下耕作 脚本 村尾昭 原作 田岡一雄

出演 高倉健 菅原文太 丹波哲郎 水島道太郎 松尾嘉代 嵐勘三郎

   田中邦衛 待田京介

www.toei-video.co.jp

 

田岡一雄の幼少期から山口組へ入って活躍する立身出世(この場合もこう言うのだろうか?笑)物語。70年代だから制作できた映画だと思う。

高倉健が田岡一雄役だからカッコいいのだ。

ヤクザ映画ではなくてあくまで「立身出世」物語。(しつこい)

企画が田岡一雄の長男で映画プロデューサー(wiki)の満氏の名前がある。田岡一雄氏は興行で一旗あげた人物だし当時の芸能界を暴力団の親密さがわかる。

この人が東映で売り出した女優の中村英子と結婚したんだね。

 

昭和初期の物語で最後は仲間を殺した彼が懲役8年の実刑を受け「たったの8年ですか?」という場面で終わる。

 

ヤクザものが好きではなくてもこの映画は面白かった。

ヒットしたのもうなずける。

 

水島道太郎が幹部で出演。嵐勘三郎の姿もある。

待田京介も懐かしい顔。

 

スカパーより