日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

風ふたたび  1952年 東宝

監督 豊田四郎 脚本 植草圭之助 原作 永井龍男

出演 原節子 池部良 山村聰 浜田百合子 三津田健 杉浦春子 南美江

   御橋公 菅原道済 十朱久雄 龍岡晋

 

日本映画専門チャンネルで放送♪

原節子池部良東宝!だったので期待度大ありだったが、期待外れ(笑。

 

仙台の大学教授、三津田健が学会に出席するための汽車で、乗り合わせた実業家、山村聰がトイレに置き忘れた財布から10万円が抜き取られていた。直後にトイレからでてきた三津田健に山村や同行していた者が疑いの目を向けるが、山村の一言で警察へ知らせるのはやめにした。そんなことはちっとも知らない三津田。東京に着くと倒れてしまい、彼の元で研究の手伝いをしていた池部良の元へ運び込まれる。

 

三津田健の娘、原節子は結婚に破れ、今は渋谷の叔父の家に厄介になっている。叔父夫妻がやっている?映画館内の売店を手伝いながら暮らす原節子は、父の元には離婚後帰らないわけがある。父の後添えとうまくいっていないのだ(多分)。

 

池部は戦争にとられ、無事復員してきたが、それまでの研究をやめて今は神田?の野菜や果物の仲買いの会社に勤めている。大学の師、三津田が運ばれてきてそれを知らせるために原のいる売店を訪れる。原は急いで池部の下宿へ。

父が良くなるまで1週間?ほど泊まり込む。その間池部とは仲良くなっていく。

 

ある日、池部の元へ本屋を経営する浜田百合子が訪ねてくる。新聞記事に乗った実業家の財布の中の10万円が盗まれたという記事をみせ、実は原節子の父の三津田健をみな疑っていると言うのだ。それを聞いた池部が原に伝えると、原はその実業家、山村聰の元へ抗議に行く。山村はあっさり謝って勇んで行った原は拍子抜けするが一件落着♪。

 

原節子と浜田百合子は女学校の同級生で、浜田百合子は山村の元に本を調達している。

そんな縁で原は浜田百合子経由で仕事を紹介してもらう。そこはラジオ局で、忙しく働くうちに原はどんどん活発に、元気になっていく。そんな原を池部はやさしく見守るのだ。時は12月、池部が出張で東北へ行くことになった。年末には帰ってくるのでそうしたら一緒にスキーに行こうと約束する原と池部。原は早速スキー板を買ってくる。

 

そんなある日、実業家、山村の家へ呼ばれた原。山村は妻を7年前に亡くしたあとは独身だったが、その妻によく似た原を妻にしようと思っていたのだ。

 

そうこうしているとまた父が東京へ出て来た。研究の成果が認められ、山村の会社でそれを製品化?することになったという。ついてはその仕事を池部に任せたいので池部が出張から帰ったら山村の元を訪ねるようにという。

なかなか帰ってこない池部から大晦日に電報が届いた。原は池部がまた研究に関係した仕事に携わることができると喜んでいたので、まだ帰らないということを山村に知らせに行く。山村邸に着くと原は手伝いに来て欲しいと頼まれ、正月に手伝いに行くことになる。貸衣装やから借りた着物をきて髪をセットした原。山村邸で手伝いをしていると出張から帰った池部が知らせを聞き山村邸へ。美しく着飾った原に一瞬見惚れながら池部は山村と話をするのだが、池部の表情は固い。そして池部はきっぱり山村の申し出を断るのだ。なんだかわからない展開になった原は池部を追う。池部は東北出張の帰りに北海道の友人を訪ね、その仕事に魅力を感じて北海道へ移住を決めたことを原に伝える。池部は原と山村との仲も疑っていた。

 

びっくりした原・・・夜、山村邸へ戻ると山村からプロポーズされる。

 

伯父さんの家へ意気消沈で帰る。原が結婚を申し込まれたと言うと事情を知らない伯母が池部からだと思って喜ぶが、相手が山村だとわかると尚更喜ぶ。お金持ちの山村の元へ嫁いだほうが女は幸せになるからだ(と伯母の言い分)。慌てて寝ている夫を起こすと伯父は「そんなことは当事者が決めればよいのだ」とまた寝てしまう。

池部が北海道へ行ってしまうことと、山村からのプロポーズでなんだかわからくなった原だが、山村の妻の七回忌を手伝いに行く。

 

そこへ同級生の浜田百合子が弔問に現れ、原に池部が今夜の汽車で発つことを知らされる。慌てて駅へ行こうとする原に山村は自分の車で駅まで行きなさいと優しく言うのだった。

 

すんでのところで汽車に乗った原は池部を探して車輛を歩き回る。

車輛の連結部分で会えたふたりは固く抱き合うのだった・・・・

 

みたいな話でしたが、

池部が山村邸に行ってすぐ機嫌が悪くなるのって変・・・そもそも原も山村からまだプロポーズされていないのに二人のことを疑うような怒りってなに?

浜田百合子が原の同級生でしかも池部とは幼馴染みって都合良すぎる(笑。

 

最後に見せる原のあの笑顔は、いかにも作った笑顔で、確かに原の笑顔って良いけれど

これはちょっとなぁ・・・と感じた。

 

大学教授の三津田健の弟夫妻の家へ原はやっかいになるのだが、その弟夫妻の仕事が最後までなんだかわからず、兄が大学教授なのに弟はなんだか違う階層の人みたいだった。

 

ネットの筋書では山村の財布から10万円抜き取ったのはやはり同じ汽車に乗り合わせた原の同級生の浜田百合子となっているが、映画ではその犯人はそういうことを専門にしている犯罪者?で捕まったと原に山村が言う場面がある。

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20210518073441j:plain

日本映画専門チャンネル

 

 

おーい中村君 1958年 大映

監督 原田治夫 脚本 須崎勝弥

出演 川崎敬三 田宮二郎 船越英二 近藤美恵子 若松和子 若原一郎

   清川玉枝 潮万太郎 伊藤直保

 

www.kadokawa-pictures.jp

 

一時間にも満たない映画だが、若山一郎のヒット曲「おーい中村君」の単なる歌謡映画だと思ってみてたら想像を絶するおもしろさだった(笑。

あまり期待せずに見たからかえってとてもおもしろいと感じたのだろうか・・・。

 

会社の脇の橋の上で話すふたり。この川や橋は東京のどのへんだろう。もう埋め立てられてないかもしれない。

f:id:nihoneiga1920-1960:20210517084826j:plain

田宮二郎川崎敬三

 

田宮二郎がまだ柴田吾郎という芸名だった頃の大映映画。

川崎敬三はちょっと気の弱いサラリーマン、通勤電車で見かける女性が好きなのだが、アパートで彼女の似顔絵にせいぜい挨拶するくらいで名前も知らない。

ある朝、また彼女と同じ車輛に乗り合わせ、ラッキーと見惚れていたら財布を掏られそうに・・・しかし!憧れの彼女がそれに気づいて川崎敬三に話しかけ事なきをえた。

もっと話そうとするが彼女は駅につくとさっさといなくなり、後を追おうとするが人がいっぱいで追いつけない・・・・。

 

ある日、信号待ちをしている川崎敬三。ぼんやり彼女のことを考えていて危うく車にはねられそうになるところを後ろから引っ張る人がいた。振り向くと彼女!

興奮マックスで彼女に話しかけようとすると、その間におばぁさんがいて横断歩道を一緒に渡る羽目に・・・彼女に未練を残しつつ、川崎は手をひいておバァさんと横断歩道を渡り終え、慌ててまた横断歩道を渡り返すが彼女の姿はもうなかった・・・。

 

会社には新人で同じ苗字の中村二郎(田宮二郎)がやってきた。川崎は田宮を一緒に電気製品の営業に回ることになる。

田宮二郎はハンサムで、女性にも積極的。社内の女性にもすでに声をかけていた。

 

田宮に連れられて行った「バーなかむら」には若山一郎扮するバーテンがいてそこで若山が「おーい中村君」を歌う場面はご愛嬌♪

 

田宮はそのバーへ来る女性客にも手を付けていたが、怒ったその女性の愛人?夫?のチンピラに同じ中村姓だった川崎が殴られ、川崎が殴り返し、とうとう警察の留置場で二人とも一晩過ごす羽目に。翌朝、川崎が釈放されることになったが、なんと憧れの彼女は婦人警察官でその警察署にいた!

やっと彼女と話せることになった川崎敬三。彼女に名刺を渡すことができた。

 

その後、デートを重ね・・・彼女も結婚してもいいと思うのだが・・・

 

社の命令でライバル家電メーカーの会長?社長の動向を探るべく、その愛人と噂されている芸者、若松和子へ接近を命ぜられた川崎。

座敷で芸者からお酒を飲んだら話してあげると言われ、飲めない川崎はこの仕事がうまくいったら課長になれる!と無理して飲んで・・・芸者にせがまれ接吻してしまう。

アパートに帰ると川崎敬三の誕生日を祝おうと彼女が待っていたが、泥酔して帰った川崎はつい正直に芸者との接吻を話してしまう。

 

喧嘩別れとなった川崎。

 

一方田宮二郎は部長の秘書で愛人だった社内の女性と関係をもったことを知った部長に大阪へ飛ばされていたが、今度は部長が大阪へ転勤となり、秘書も一緒に連れていく。ところが田宮が大阪にいるのでその前に田宮を東京へ戻せということになり、東京へ戻った田宮が川崎の元を訪ねる。ことの事情を知った田宮、じゃぁ、僕が彼女を口説けるんですね!先輩とはもう別れたんだから!といって飛び出していく。

心穏やかでなくなった川崎・・・・田宮はプレイボーイだからなぁ♪

 

彼女のほうも川崎と芸者の仲が気になって仕方がない。

芸者の元を訪ねて問い詰める。芸者と問答をしているうちに田宮二郎が現れ、その芸者の恋人が田宮二郎だとわかる・・・そこへ川崎が田宮を追って現れて、川崎を誤解していたとわかった彼女とハッピーエンド♪

 

みたいな・・・

 

とにかくテンポが早くてしかもつなぎも不自然ではなく、話の筋もちゃんと通っている。ライバル家電メーカーの社長夫人で清川玉枝がちょっと登場。

 

キャスト選びもよかった。

人がよくて気の弱い川崎敬三、二枚目で口がうまい田宮二郎

川崎の相手役の女優さんは知らなかった。

芸者役の人は見たことはあったが名前まで知らず、今回「若松和子」という人だと知った。

でてくる女優さん達に私の知る人はひとりもいなかった・・・清川玉枝除く(笑。

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20210517084557j:plain

近藤美恵子と川崎敬三

f:id:nihoneiga1920-1960:20210517084705j:plain

若松和子

 近藤美恵子という人は昭和29年のミスユニバース日本代表だった人で、大映社員だった人のブログの番外編の番外19で紹介されていた。1963年に結婚を機に引退したとある。その人によると目立った主演作品はないが重宝がられた主演級の女優さんで勝新太郎長谷川一夫市川雷蔵との共演が多かったと書いてあります。

着物でカツラだと仮に見たことがあっても記憶に残らないものです・・・。

 

そして残念なことに2020年12月15日84歳で没。(wiki)

引退してしまうとその後の没年までわからない人が多いのですが、彼女は家族がちゃんと知らせるべきところへ知らせたのでしょうね。

 

一輪咲いても花は花 葛西善蔵とおせい 古川智映子  2003年 津軽書房

いつだったか日経新聞の文学散歩で葛西善蔵が紹介されていた。

小説が書けない、書けないと言って酒ばかり飲んでいた作家であるという。

あまりにも真剣に?書こうとしていたので?長編は書けず、結局短編ばかり残したらしいが、彼が鎌倉の下宿先の寺にいた時、そこへ3食賄いの料理を運んだ寺の門前にあった茶屋の娘との出来事を書いた「おせい」のことも少し紹介されていた。

すでに著作権外らしく、アマゾンで無料で読める。

 

私はその「おせい」のモデルとなったハナという女性のことを知りたいと思い、検索するとこの本に行き当たった。

早速、図書館で予約。

 

ノンフィクションってやはり面白い。そういえば高峰秀子も小説よりノンフィクションが好きだったらしい。(斎藤明美氏の本で)なんだかわかる気がする。若い頃は小説をたくさん読んだが、今はなにを読んでも「結局 作り事 笑」ただ、古い邦画を見るようになってその映画の原作本は読む。これは映画と原作の違いを思いながら読むのでおもしろい。それだけだ((;^_^A

 

びっくりなのは、ハナのほうが積極的だったこと。

そして、どんな目に合っても葛西を愛していたこと。

す、す、す、すごい。

 

葛西善蔵昭和3年、わずか41歳で没するが、死に際はみんなに囲まれ大往生!

へー、稼ぎ以上にお酒を飲んで、妻子に迷惑をかけ、その義理の父にも自分の借金のしりぬぐいをさせて、あげくに愛人をつくってさらに子供もつくった 男が布団の上で死ねたんだ(笑。

 

この本には葛西の本妻のこともしばし出てくるが、なんだかやっぱり可哀そうです。

いくら葛西の書く小説など興味がなかったからと言っても青森で子供を育て上げ、

父には葛西のことで迷惑をかけてあげくにハナの存在を知るもわざわざハナを擁護するような手紙を書いたり・・・妻がこの本に直接出てくる場面はないけれど、色白の美人でしかも実家はお金持ち、女学校もでている。

 

ハナのほうは葛西善蔵の妻としてずーっと葛西のそばにいて最後も看取ってネットによると2004年に没したという。年老いてからは認知症になってしまったらしい。

 

 

私の履歴書  吉行和子 日経新聞

今月の日経新聞私の履歴書」は女優の吉行和子だ。

彼女の話はとても興味深い。1960年前後の日活映画に吉行和子は主役ではないがちょくちょくででいて、私はこの記事を読むまで彼女は日活の女優さんだと思っていた。

私の勝手な推測では、今まで作家、吉行淳之介の妹だから女優になれた人・・程度だったのだが・・・ぜんそくで学校も休みがちだったが、演劇をみにいって自分も参加したいと思い、裏方ならできると思うようになって・・・とある。

そして実際は高校在学中に民藝の試験の合格した民藝の女優さんだった。

滝沢修宇野重吉も民藝の俳優さんだったのだ・・・と初めて知った(;^_^A

 

当時、五社協定に参加していなかった日活が俳優不足で民藝と手を組んだという。

そこで滝沢修芦田伸介さんがたくさん日活映画にでているのはそのためだ。と書いてある。

そうそう、芦田伸介も民藝の俳優さんだったんだ((;^_^A。知らなかった。。

 

そして日活映画「あいつと私」で石原裕次郎と共演したが、その映画が民藝では問題になったと言う。私もその映画は見て、ここで備忘録を残したと思うが、確かに吉行和子学生運動に参加している役ででていた。一緒に住んでいる女友達がデモの参加者に乱暴されるというのも覚えている。それがデモに参加する若者が皮肉を込めて描かれていることや、その傷ついた女性を救うのが裕福な青年であるという設定がまずかったようだと言っている。尊敬する宇野重吉にも「どうしてあんなのに出たんだ」と悲しそうな顔で言われたと書いているが、その映画に出ろと言ったのも民藝で、指示に従って出演したのに・・・・ということだ。当時の民藝はデモに参加したり、労働歌を歌ったり、左翼運動を関係が深かった、また吉行自身もデモにさんかしたり、友人が全学連の恋人とともに自分の部屋に入り浸っていたと書いてある。

 

そして吉行としてはデモも日活映画の華やかさもどちらもおもしろがってしまうようなところがあった。と第12回で書いている。

 

その他にも「にあんちゃん」が第10回ベルリン国際映画祭に出品され、前評判では受賞間違いないと言われていた。彼女は日活に振袖と足袋20足、それも既成の足袋じゃなくてオーダーメードの足袋を用意してもらって日活の社長とベルリンへ行く。空港ではみなに迎えられることを想定して機内で振袖の着付けをしてもらい、タラップに立ったが、誰もいなかったという。

日本のデモ隊の起こしたハガチ―事件が発端となり、日本はけしからん!というのでそのとばっちりもベルリン国際映画祭へ行った吉行和子も受けたのだ。

 

また赤木圭一郎氏との共演で、「いい男は心もきれい」と言っている。

暁の拳銃で共演した時の話だが、確かアマゾンプラムビデオで無料で「暁の拳銃」は見れたはず・・・今晩要チェックです(笑。

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20210514203322j:plain

吉行和子の近影

ただちょっと残念なのは彼女、目の手術をしてたるみを取ったのだろうが、明らかに不自然なバッチリ眼になっちゃったことだ・・・。

二言目にはパリが出てくる(笑、岸惠子の「私の履歴書」よりよっぽど面白く、疑問が解消されためになる(笑。

そう言えば岸惠子、最近本を出版したみたいで新聞の広告で見かけたことがある。

やっぱり「パリなんちゃら~」という題名の本だった記憶。もちろん買わないし、読まないけど(笑。

姉妹  1955年 独立プロ

監督 家城巳代治  脚本 新藤兼人 家城巳代治 原作

出演 野添ひとみ 中原ひとみ 多々良純 望月優子 川崎弘子 河野秋武

   内藤武敏 織田政雄 殿山泰司 加藤嘉 北林谷栄 

 

久々の大ヒット♪♪  

優しい姉、野添ひとみと天真爛漫な妹中原ひとみを中心とした物語。独立プロだから

首切りとか組合とかでてくるが、人々の普通の暮らしを描いている。

 

山の中の発電所に勤める父 河野秋武、妻、川崎弘子。長女の野添ひとみと次女の中原ひとみは学校へ通うため、母の妹?で街に住んでいる望月優子、大工の棟梁?の多々良純の家に下宿している。

野添ひとみは妹の世話をやく優しい姉。一方妹の中原はお小遣いをすぐ使ってしまい、小言を言う毎日だ。野添はお金をだしてもらって町で勉強させてもらっていることに感謝して無駄遣いしないようにと妹に言うのだ。

 

野添ひとみの制服姿が最高に可愛い。若いいだけじゃなく清楚で品がある!

 

中原は自分の言いたいことをはっきり言う、男の子のような娘だ。

正反対なふたりだが仲が良い。

 

野添は父の発電所に勤める若い内藤武敏が気になる。内藤もまんざらでもないし、妹の中原も相違相愛だと思っているのだ。

 

印象に残ったシーンのひとつに 野添が内藤武敏に本を貸してもらう。彼の社宅?(と言っても一軒家)へ行くと、内藤の部屋は散らかったいる。縁側に座って部屋の中をみながら、なにか考えているような野添の顔が良かった。

内藤は田舎から送ってもらったと言うスルメを押し入れからだして焼きながら焼酎を飲むのが最高だと話すと、野添はちょっと困った顔をして「お酒飲むの?」と聞く。

彼女の父、河野秋武は(多分)お酒は飲まない人なんだろう。

そしてまたちょっと考え込む野添。

 

監督の演出最高!

 

私は、結局野添と内藤が結ばれるのだろう・・・と思っていたら、、、

なんと野添はお見合いで銀行員と結婚するのだ(ネタバレ)。

両親もとても喜んでおり、町から伯母夫婦がやってきた嫁入りの日。

花嫁衣裳をきて出かける準備をしていた野添に中原が「本当にいいの?内藤さんがすきじゃなかったのか?」と訊くと野添は両親も喜んでいるから・・・という。

中原は納得いかないのだが、結局、嫁入り先でいじめられたらやり返せ、私も応援にいくといったりする。

しかし、私は野添は両親に勧められるまま内藤を諦めて別の人と結婚するのではないと思った。

近所のお嫁さんから「お見合いで結婚した方が良い」(その人はいつも夫の殿山泰司に殴られている)と言われて考え込む野添・・・の場面があるのだ。

 

内藤は内藤であっさりしたもので中原になんで姉さんと一緒にならなかったのだ?と訊かれると、自分には仕送りしている幼い兄弟もいるし、彼女にはもっとふさわしい人がいる。それに自分を釣り合いがとれるのは違う人なんだと言うのだ。

 

色々なシーンで色々考えさせられる。

 

そして最後のシーンも最高♪

花嫁衣裳で嫁入りのため町へ向かうバスに乗った野添と付き添いの両親、伯母夫妻。

村のみんなから送られる。こういうシーンは普通だが、

バスが山を下っていくと前方に馬をひいている近所のお嫁さんが歩いている。

バスに野添が乗っていることに気づいたが、野添は後ろ向きで座っていて気づかない。

それでも手を振る・・・このカメラワーク良かった~。

 

続く

 

 

 

月は上がりぬ   1954年 日活

監督 田中絹代 脚本 小津安二郎 斎藤良輔 

出演 笠智衆 佐野周二 安井昌二 山根寿子 杉葉子 北原三枝 三島耕

   田中絹代  小田切みき

www.nikkatsu.com

 

田中絹代は生涯5本の監督作品を残した。私は彼女の監督作品は良い出来だと思っています。一番良かったのは 恋文、2番目に良かったのは 乳房よ永遠なれ

やはりそうそうメンバーに恵まれたからなのか?

 

古都奈良を舞台にした3姉妹それぞれの愛情を描いた物語。なんだか小津調だと思ったら脚本が小津安二郎だった (-_-;)

 

撮り方も小津系。

 

この映画を一番最初に見たのはちょうど奈良へ行ったあとの2018年、東大寺の二月堂のロケをみて映画の印象がさらに深まった映画だった。

 

北原三枝が輝いていた。彼女は石原裕次郎と出会って、(結婚する意志を固めてから?)、なんだか急速に輝きがなくなったと思う。途端に地味になった感じ。

もともと正統派美人の顔立ちでもなかったからかなぁ。

 

ところで安井昌二小田切みきって「チャコちゃん(四方晴美)」の父、母なんですよね~。

この映画で出会ったのかな(笑。

小田切みきが案外早くに亡くなっていてびっくりした。

 

兵隊やくざ    1965年 大映

監督 増村保造 脚本 菊島隆三 原作 有馬頼義

出演 勝新太郎 田村高廣 淡路恵子 成田三喜夫 内田朝雄 山茶花究

 

やくざ・・って名の付く映画はどうもねぇ・・・だったのですが、日本映画専門チャンネルに再加入したのでとりあえず 録画♪

 

一度やめた日本映画専門チャンネルでしたが、先月、佐分利信の「悪徳」が放映されることを知り、急遽再加入。今月は原節子、チャンネル初放映だという「風ふたたび」。忘れずに録画せねば・・・。パナソニックのブルーレイ、そんなに先の番組まで予約操作できない。さらに6月は「猫が変じて虎になる」という見たことも聞いたこともない小沢昭一長門裕之の映画初登場!←期待度マックス💛

なんかひと月たった1本の「蔵出し名画座」になっっちゃったけれど、それでもDVDを買うことを考えれば(BCスカパー+日本映画専門)まぁ許せる(笑。

ただまたこれから私のみたいむかーしの、60,70年前の、あるいは80年前の邦画がほうえいされなくなればまた止めます(笑。

 

さてこの兵隊ヤクザ、出だしからぐっと引き付けられました。

ナレーションが入って、もう軍隊の話なんか訊きたくないでしょう・・・みたいなことをいいます。

 

田村高廣は幹部候補生になる試験に?わざと落ちたインテリで、新しく入ってきた勝新太郎の世話係になる。勝は素行が悪く、彼の教育係としての役割が田村にはきたいされるのだが・・・・・

 

といかにも全部見たかのように書きましたが、実は途中で寝てしまい、目覚めたら朝でした((@_@;)

 

まぁ、備忘録ですから(笑。

f:id:nihoneiga1920-1960:20210506124425j:plain

日本映画