日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

学生ロマンス 若き日  1929年 松竹

監督 小津安二郎 脚本 伏見晃 小津安二郎

出演 結城一郎 斎藤達雄 松井潤子 日守新一 笠智衆 飯田蝶子 

   高松栄子 坂本武

 

動く(笑 斎藤達雄日守新一笠智衆の若い頃が見れます。

 

都の西北・・・(早稲田のことか?)の大学に通う大学生、結城一郎は強引で面の皮が厚い・・・。彼女をみつけようと自分の下宿に「貸間あり」の紙を貼り、男性や不細工な女性は断り、気に入った美女(松井潤子が美女とは私は思えないが 笑)に明日引っ越します・・・といいながら翌日、彼女が運送屋(荷車)を連れてきても引っ越すそぶりもない・・・。結城は悠然とその運送屋に自分の荷物を運ぶようにいい、延々と外で待たせたあげく、やっと出て行く。。。ホッとする女性。

 

しかし、行く先が決まっているわけでもなく、途中で不動産屋へ行く始末。

結局、斎藤達雄の下宿へおしかけ居候を決め込む。

 

斎藤達雄は、その彼女とは懇意の中で、彼女は斎藤のために毛糸の靴下を編んでいるが

結城がまた彼女の下宿へ突然押しかけ、その靴下を見つけて貰っていってしまう。

 

試験が終わり、スキー合宿へ行く斎藤。実は彼女とスキー場で会う約束があるが、それを知った結城も大学のスキー部?として行くことにする。

 

斎藤がスキーを滑れないことをいいことに結城は斎藤と彼女の邪魔をする。

斎藤のスキー板をわざと滑らせ、斎藤が慌ててそれを追っている間に斎藤が彼女のために二人で飲もうとしていた紅茶を飲んで彼女と談笑、やっとスキー板を取り戻した斎藤が帰ってくると彼女とふたり、「ごちそうさま」とスキーで去っていく・・・。

 

もう、結城の厚かましさはホントに憎らしかったが、一緒の彼女、松井潤子も結構知らんぷりで、喫茶店で斎藤に買った毛糸を玉にするのを手伝わせたり、結城が下宿に訪ねてきて困惑したりしてたのになんなんだ?と松井潤子にも腹が立った(笑。

 

斎藤達雄はすでに27才だったが、眼鏡をかけた純情そうな学生ぶりがふたりの行動を尚更腹立たしく思わせるのは十分だったのです(笑。

 

ところで松井潤子の職業がわからない。最初は着物姿でスキー場ではなぜかセーラー服。そして日守新一と見合いをし、結局 斎藤、結城ともフラれる?結果になるのだが・・・それにどうして斎藤達雄と知り合ったのかもわからないし、そもそも見合い(スキー場で)するなら松井潤子はわかっていたはずなのに斎藤と二人でいたり、結城とも仲良くスキーをしたり、見合い当日はでも、結城と会っても冷たい素振り(笑。

 

無声だけれど、挿入されている音楽が映像と乖離があってコメディ的な場面でもなんだか暗くて重大なことが起こっているようなクラシック系がなんとも・・(笑。

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20201130133307j:plain

斎藤達雄

f:id:nihoneiga1920-1960:20201130133332j:plain

結城一郎

f:id:nihoneiga1920-1960:20201130133351j:plain

笠智衆(左)25才

f:id:nihoneiga1920-1960:20201130133423j:plain

日守新一(中央)

f:id:nihoneiga1920-1960:20201130133452j:plain

斎藤達雄、結城一朗のアイドル松井潤子

 

日本列島   1965年 日活

監督 熊井啓 脚本 熊井啓 原作 吉原公一郎

出演 宇野重吉 芦川いづみ 二谷英明 鈴木瑞穂 大滝秀治 下元勉

   加藤嘉 内藤武敏 佐々木すみ江 北林谷栄 佐野浅夫 

 

www.nikkatsu.com

このところ見る映画が多くて嬉しいです。ありがとう!(誰に言っているのだ?笑)

 

昭和34年のBOACスチュワーデス殺人事件を挿み、米軍の曹長が謎の死をとげ、それを解明しようと米軍基地で働く宇野重吉、新聞記者の二谷英明、そしてニセ札事件にからみ、父を拉致された娘、芦川いずみ、途中で捜査を打ち切らざるおえない警察・・・。

戦後の闇は深い。

とてもおもしろい映画。途中、途中で映し出される米軍の飛行機の爆音、最後に芦川いづみと一緒に写る国会議事堂・・・。

 

松川事件より断然おもしろかった。(松川事件は裁判が長すぎて・・)

社長三代記  1958年 東宝

監督 松林宗恵 脚本 笠原良三

出演 森繁久彌 小林桂樹 加藤大介 三木のり平 杉葉子 団玲子 久慈あさみ

   司葉子 英百合子 太刀川洋一 三好栄子 雪村いづみ 有島一郎 

   扇千景 笹るみ子 中田康子

 

社長シリーズ第4作。初めて松林宗恵が監督を務めた作品とある。

河村黎吉、森繁久彌・・・そして次の社長はなんと「質実剛健」の加藤大介。

 

急遽、アメリカへ行くことになった森繁にかわり、社長代理として加藤大介が社長になる。その妻が杉葉子なのだが、この映画は前にも見たことがあったがまだ古い日本映画に詳しくなかったので杉葉子のことは気づかなかった。

 

加藤の家では家族が社長(代理)になったのだから、幼い兄弟はテレビが欲しいとか長女の団玲子は洋服をねだる。妻は迎えの車が来るのにこんな古い家では恥ずかしいと家をねだる(笑。

 

扇千景が新橋の芸者役ででている。

 

小林桂樹はいつもの秘書役で、同じ秘書課の司葉子とデートをしようにもなかなか実現しない(笑。

 

神戸の会長(河村黎吉の妻)三好栄子の娘の雪村いづみは八ミリが趣味で河村黎吉の

三等重役の一場面が雪村が映したことになって冒頭披露される。

最初は、合成?かと思ったが、どうも実際の映画から抜き出したようだ。

(森繁、小林ともに三等重役に出演)

 

私は社長太平記のほうが好きかも。

社長太平記  1959年 東宝

監督 松林宗恵 脚本 笠原良三

出演 森繁久彌 小林桂樹 加藤大介 三木のり平 久保明 有島一郎

   山茶花究 三好栄子 久慈あさみ 団玲子 淡路恵子 藤間紫 水野久美

 

社長シリーズはなんとなく見る気になれない・・・のはシリーズものの悲しさでストーリーがわかってしまうから・・・。

1959年なのにまだ白黒のこの映画、三木のり平は営業部長だが、「ぱぁーと新橋あたりで・・・」というキャラではまだなかったのが新鮮(笑。

 

 社会で活躍している中高年男性が戦争経験者ばかりの時代にあわせて?森繁が軍隊で(ヒラ)上司(軍曹?の小林桂樹からひっぱたかれそうになるところに艦長の加藤大介が現れ・・・という夢から始まる。

森繁にとっては悪夢だが、今は女性下着メーカーの社長で、自分の会社に重役として働いている小林桂樹、庶務課長として働いている元艦長の加藤大介、さらに加藤大介の屋敷を買い取って(戦後、加藤は屋敷を手放さなければならなかった)、加藤とその娘 団玲子と小林桂樹とその母、英百合子を住まわせている。

 

森繁の邸宅には別邸に会社の創始者の妻で会長の三好栄子がいる。

森繁の母なのか妻の久慈あさみの母なのかよくわからなかったが、久慈と森繁との会話を聞いていると森繁は婿養子な感じ・・。

 

久保明は森繁の秘書で(まだ小林桂樹が秘書ではないのね 笑)、加藤大介の娘、団玲子と将来は結婚するのだが、重役の小林桂樹は独身で家では母英百合子をこき使っている(これはあとのシリーズでも同じ 笑)、団玲子を好きで意を決して団と加藤の住む同じ家の二階を訪ねると、久保明は団との結婚を報告にきており、小林はがっかりしつつ、ふたりを祝福する。

 

ところで、父の帰りが最近遅いので心配だと団に相談された小林桂樹は、会社帰りに加藤の後をつける・・・加藤は「海軍バー」というところで「艦長」と呼ばれ、今はそこでホステスをしている元海軍の戦死した軍人の娘、水野久美がいる。

 

森繁と小林とのやり取りで小林がまるで森繁に上司のような口をきく時があり、それは戦勝中の森繁と小林との階級の違いが戦後になっても抜けきれないかったり、庶務課長の加藤大介もさすがに元艦長だけあって防災訓練となると張り切ってみんなを指揮したりするなどおもしろい。

また一方で「もはや戦後ではない」とまだ戦争を引きずっている人達を森繁は笑ったりするところもある。

 

森繁が銀座のバー「くまんばち」のマダム、淡路恵子から相談があるといわれ、とある料亭で(森繁はその気)会っている間に会社の工場が火事になる。森繁の行方は知れず、やっと連絡がついて森繁が駆け付けると・・工場は丸焼けでこれで会社は終わりだとしゃがみ込んで泣いてしまう・・・。

淡路恵子の相談も淡路は小林桂樹が好きだからなんとかして欲しい・・・ということだったし、森繁は自分が全て悪いのだ・・・と男泣きに泣く。

そこへ小林桂樹加藤大介が現れ、在庫が燃えてしまったら納品ができないと思っていた森繁に、加藤が全ての在庫を別なところへ移したから大丈夫ですと言う・・。

ふたりの手を取って泣きながら感謝する森繁・・・。

 

加藤大介はその後、新しい時代に合わせ、「ひげ」を剃る。

森繁も「ひげ」を剃る。

小林桂樹は新しい支店(九州)に赴任する。

 

これ、結構面白かったデス(笑。

というのも三木のり平の悪ノリもなく、銀座のマダムの色仕掛け+フラれる もなく、

さらに久慈と森繁との間にはまだ子供がないようで豪邸ではふたり暮らし。

ただ女中の手を握ったりするけれど(笑。

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20201128141835j:plain

森繁の会社びる。まだ小さい(笑。

f:id:nihoneiga1920-1960:20201128141927j:plain

社員を集め屋上で訓示する森繁。日本勧業銀行の看板がみえる。

f:id:nihoneiga1920-1960:20201128142024j:plain

日比谷公園でデートする団玲子と久保明

f:id:nihoneiga1920-1960:20201128142058j:plain

加藤が通う海軍バーで披露されるストリップ?

f:id:nihoneiga1920-1960:20201128142146j:plain

藤間紫が現れ、三好栄子、久慈あさみがいて慌てる森繁

f:id:nihoneiga1920-1960:20201128142246j:plain

工場が焼けていまいしゃがみ込む森繁・・






   

 

銀座アマンド閉店

銀座のアマンドが11月30日で閉店します。

悲しい・・・(笑。

アマンドのリングシュー、まぁリング型のシュークリームなんだけど、アマンドではシュークリームとは呼ばず、リングシューと呼ぶ・・・私は幼稚園の頃から食べていた!

子どもの頃に「おいしいなぁ・・・」と思った食べ物はいくつになってもナンバーワンなわけで、さらに突然、無性に食べたくなる。

両親が出かけると必ず買ってくるのがアマンドのリングシューだったがどこで買ったかは聞いたことがないのでわからない。(有楽町か霞町かと思う)

アマンドのリングシューは、生クリームとカスタードクリームがひとつのシューにサンドされていてシューには粉砂糖がかかっている。今では2種類のクリームなんて普通かもしれないが、私が子供のころは他のシュークリームは生クリームだった(ような気がする)

 

銀座の大通りから一本入ったすずらん通り交詢社通りの角にある銀座のアマンドは立地も良いし、このご時世でもなくなるとは思ってもみなかった。

前は銀座、日比谷、有楽町にもあって、ついでに神田にもあって、さらに霞町にもあった・・・。そうだ、赤坂にもあったぞ。銀座のアマンドがなくなると六本木と浜松町でしかリングシューが買えないってことか??

私は有楽町で一番よく買っていたが、再開発でなくなって、その後日比谷に行くようになった。神田はたまたま用事があって偶然みつけた(といっても25年くらい前)。

日比谷もなくなって(今はチェーンのコーヒー店になっている)どこの駅からも微妙な距離(笑、の銀座に行くように。。。。

私が銀座に行くのはもっぱらアマンドへ行くためなのです(笑。

六本木のアマンドで売っているリングシューは、「昭和なんちゃら」でシューがさらに厚い?のかなんなのか知らないで一度買って???だった。銀座で買うと昔と同じだった・・・。値段は同じだけれど銀座と六本木で売っているリングシューは違うのだと気づいたのは銀座のあとにもう一度六本木で買って、やはり変だと思い、ネットで調べてさらにまた銀座のお店で聞いたのでわかった・・ということがあった。

そもそも六本木のアマンドに入る・・というのが東京人としては(え?)なんとなく恥ずかしく、生まれて初めて入ったのは2年前(笑。すでに建て替えられ、小さくなったアマンドで知らずに「昭和なんちゃら」を6個も買ってしまった大失敗。

それ以来銀座でしかリングシューは買わなかった(といっても私はアマンドでリングシューと焼き菓子のパイしか買ったことはない 笑)。

 

ネットでは六本木でも「普通」のリングシューと「昭和なんちゃら」のリングシューを売るようなので一安心(笑。

 

その昔、アマンドの食事系はもっとバリエーションがあって、ハンバーグとかコロッケなんか銀座の2階で食べたこともある。2年?くらい前にちょうどお昼時だったのでリングシューを買うついでにランチを食べたがすでにスパゲッティとハヤシカレー?のようなものしかなかった。

 

これで銀座に行く用事がなくなった(笑。

f:id:nihoneiga1920-1960:20201126205517j:plain

2020年8月 貴重な?銀座アマンド外見写真(笑

なくなるとは思わないからアマンドの写真なんてこれしかない・・。

これからは六本木に買いに行きますが、アマンドのあのピンクのコーヒーカップとソーサーのセットが欲しい。アマンドさん、是非売ってください(笑。

 

東京ラプソティー 1936年 P.C.L

監督 伏見修 脚本 永見柳二 原作 佐伯孝夫

出演 藤山一郎 椿澄枝 伊達里子 星玲子 井染四郎 御橋公 宮野照子

   梅園龍子 千葉早智子 竹久千恵子 堤眞佐子 原泉 藤原釜足 岸井明

 

カラー&ステレオのアップありがとう!(笑。

前に白黒で(当然)見たことがあったが、画像がよくなくて物語もほぼ忘れていた。

藤山一郎のヒット曲は知っていた♪♪

 

西銀座のクリーニング店の若旦那、藤山一郎が歌手としてスカウトされるが、自分の自由時間がいっさいなくなり、恋人だった(椿澄枝)との間もうまくいかなくなる。

一切がいやになった藤山一郎はもう歌うのはイヤだとハト子と友人の元へ帰る・・・。

 

ハト子役の椿澄枝は美人とはいえないがなんだか可愛らしい。

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20201126144318j:plain

椿澄枝・・その後どうしたのだろう

ハト子と一緒にアパートに住む友人 星玲子はダンスホールのダンサーで気が強く、同じダンスホールクラリネットを吹く井染四郎と仲が良いやら悪いやら・・。

f:id:nihoneiga1920-1960:20201126144529j:plain

特別出演の堤眞佐子とダンスホールで働く星玲子

f:id:nihoneiga1920-1960:20201126144623j:plain

井染四郎

伊達里子はわざと藤山一郎と幼馴染の芸者とのスキャンダルを新聞社に売る。

話題になれば藤山はもっと有名になるだろうという魂胆でまったく悪びれない。

f:id:nihoneiga1920-1960:20201126144643j:plain

伊達里子はやり手のマネージャー

f:id:nihoneiga1920-1960:20201126144908j:plain

幼馴染の芸者 

藤山の歌手デヴューを祝おうとハト子と星、井染は集まって藤山の到着を待つが藤山は現れなかった。

強引に打ち合わせと称する場所へ連れていかれていた・・・。

そこが美松というビアホール?どうもロケだったようだけれどここはなんていうお店なんだろう。あの銀座ライオンの店内?だろうか。

f:id:nihoneiga1920-1960:20201126145609j:plain

美松とわかるようなネオンサインが店内にかかっているが・・

f:id:nihoneiga1920-1960:20201126150032j:plain

銀座ライオン 昭和9年竣工当時の店内(社史より)

ライトとか天井の形状が微妙に違うような・・・。

 

この映画は特別出演で色々な俳優、女優がちょっと出ている。

ダンスホールの堤眞佐子以下、

f:id:nihoneiga1920-1960:20201126150327j:plain

梅園龍子

f:id:nihoneiga1920-1960:20201126150346j:plain

千葉早智子

f:id:nihoneiga1920-1960:20201126150401j:plain

藤原釜足と(ここには映っていないが岸井明)

f:id:nihoneiga1920-1960:20201126150439j:plain

これ、若い頃の原泉じゃないだろうか・・

f:id:nihoneiga1920-1960:20201126150518j:plain

埋め立てる前の汐留川?か京橋川か?

f:id:nihoneiga1920-1960:20201126150650j:plain

数寄屋橋から銀座4丁目をみる・・昭和11年だよ(笑

動く梅園龍子や御橋公、千葉早智子、伊達里子のカラーって貴重です。

続 警察日記   1955年 日活

監督 久松静児  脚本 井出俊郎

出演 伊藤雄之助 三島耕 三島雅夫 芦川いづみ 新珠三千代 河野秋武 

   三國連太郎 殿山泰司 大坂志郎 金子信雄 左卜全 安部徹 二木てるみ 

   織田政雄 日高澄子 飯田蝶子 北林谷栄 高田敏江 高品格 小田切みき

   山田禅二

 

続編が前から見たかった・・・。アマゾンプライムで無料視聴!

 

www.nikkatsu.com

 

今回は森繁久彌の出演はない。友情出演の三國連太郎はモテモテの偽札を使って拘留される男(笑。三島雅夫の警察署長は、なんだか今回も憎めない。

三島耕のかっこいい警察官役にしばし見惚れる(笑。

 

警察署には色々な人間が来る。

メインは米泥棒で疑われ、告白したら家に帰してやると刑事の河野秋武に言われ、家には足の悪い長男と幼い娘(もちろん二木てるみ)を残して気になる父は自白するが、調書に判を押した途端態度一変!帰りたい一心でしてもいないことを自白した男はそれでも食い下がると、伊藤雄之助は家に帰してやれといい、「逃げたら承知しない。明日また来い。」といわれ貧しい家へ帰る。道すがら乗っていた自転車を売って食べ物に変えお腹を空かせた子供達に食べさせるが、男は屈辱、悔しさでいっぱいだ。

 

その男には行方知れずとなった娘 新珠三千代がいるが、ある横領事件で会社のカネを使い込んだ男が逮捕され、街の料理屋で使ったという。

その相手の女を警察署に連れてきてくれと三島耕はその料理屋へ向かうとその相手の女は新珠実千代だった・・・。彼女は1年前、危うく騙されて売られるところを三島耕が助け、家へ帰したことのある娘で三島はショックを受ける。

(前に村に帰った娘に偶然非番の日に会って写真を撮ったことがある)

 

半分怒りを感じながら店を出る三島は、その娘の写真を破り捨てる・・・。

警察署への道すがら責める三島耕新珠三千代は「あの人(横領した男)はいい人です。私は好きなのです!」という・・・。

警察ではまた米泥棒を捕まえた。大坂志郎がその男の取り調べをするとなんと新珠の父がやったと思っていた米泥棒はその男が犯人だったことがわかる・・・。

ところが新珠が警察署に行った日に父親は新珠に遺書を残して農薬で自殺してしまう。

警察署では三島雅夫が頭を抱え、取り調べた河野秋武は茫然としてしまう・・・。

 

三島耕が呼ばれ、新珠の素性がわかる...

父の死を知って慌てて駆け付ける新珠、警察署の面々・・・。

 

今回は二木てるみの可哀そうすぎるところが自然の演出?脚本で良かった。

その日は秋祭り?で父の死がよくわからないのだろう・・・警察の(なんとなく三島耕に気があるような)芦川いづみが祭りに行きたいという二木てるみを連れて行く。

 

最後は横領男を送致するために一緒に汽車に乗る三島耕

汽車の窓から新珠一行が父の遺体を運ぶ姿が見える。

気づかない新珠だが、三島が汽車の窓を開けると横領男は大きく手を振る。

三島耕は新珠を好きだったのだ・・・ということがわかる・・。

 

それ以外にも警察署でお産をしてしまう女、そのお産を手伝う免許のない産婆行為で取り調べを受けていた結局北林谷栄が取り上げたり、自殺しようと線路に横たわる娘を助けたらなんと娘は妊娠していて、明日全く関係ない男との結婚を控えており、さらにその娘の恋人が警察署へ駆けつけるが、清い関係で・・・なんて話もある。

 

普通、続編のほうがおもしろくなかったりするが、私は続編のほうが好きです(笑。