日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

怪猫トルコ風呂  東映  1975年

まず言いわけから(苦笑。

一昨日の夜10時、東映チャンネルを付けたらなにか映画をやっていたので見はじめたのです。

これが「怪猫トルコ風呂」だったわけですが、

これが昔のポルノ映画?なんでしょうか。確かにおっぱいポロリですが

私はポルノ映画って話の筋がもっと単純かと思っていました(;'∀')

ポルノ映画じゃなくてももっと凄い描写がある映画があります。例えば家族で見ていてみなソワソワしちゃって無口になる、なんだか恥ずかしい気になる映画ってありますよね?だから昔のポルノってそんなに凄いわけじゃなかったのだと思った映画でした(笑。もちろん、この映画だって家族とみたらソワソワ、ザワザワするのでしょうが、

ポルノとわかっていれば家族とは見ないわけです。ひとりで見ますよね?(笑。

 

売春禁止法が施行された昭和33年。吉原で働いていた雪乃(谷ナオミ)は飼い猫の一緒に足を洗い、内縁の夫、鹿内(室田日出男)と一緒に住むために借金を残したまま去っていく。

経営者の弦蔵(殿山泰司)とその後妻、歌江(真山知子)はおもしろくないが法律がそうだから仕方がない。

吉原の赤線はトルコ風呂となった。

黒い飼い猫と内縁の夫と共にこれからの人生に胸躍らせる雪乃。だが夫には借金がありそれを返すためにまた元の吉原へ戻り、トルコとなった元の店で働くことになった。

そして雪乃は田舎の妹を呼び寄せ一緒に暮らすことにする。

ところが今度は100万円の借金をし、姿を消すという鹿内に私がもっと働くからと住み込みで働くことにした雪乃・・・

だが、50万の借金も100万円も全て鹿内の作り話だった。

雪乃が住み込みで働くとアパートには田舎から来た雪乃の妹真弓(大原美佐)だけになった。鹿内はシャワーを浴びていた真弓と強引に関係をもつのだ。

真弓は処女であった・・・・。

 

雪乃は妊娠してしまったらしく、それを知った経営者の後妻の歌江にオロセと言われる。

意気消沈してアパートへ帰った雪乃・・・ふたりの異様な状態をみて鹿内に詰め寄る・・・そして真弓はいたたまれずそのままアパートを出て行ってしまう。

雪乃は鹿内に暴力をふるわれお腹にはあなたの子供がいるというが誰の子だかわからない、はやく店へ行って働けと言われ、店では雪乃の人気を羨んでいる同僚や後妻、そして鹿内に拷問されて殺されてしまう。その雪乃の死体は蔵の壁に塗り込んでしまうのだ。

 

結構おもしろい筋書で、いわば新東宝大蔵貢系な話をもっとおもしろくした感じ。

 

トルコ風呂の経営者弦蔵(殿山泰司)の実の娘で足の悪い夏代という女優さんが可愛く、誰かと思っていたら東てる美だったのは後でわかった。

結局夏代も鹿内に暴行されてしまうのだが。

 

真弓は姉のいたトルコ風呂で働くのだがやはり売れっ子になる。

この大原美佐という女優さん、当時流行りの顔をしていて任侠映画でも使えそうな雰囲気の人だがセリフは棒読みでちょっと・・・。新人とあるから仕方がないのか?

 

怪猫とあるようにところどころ雪乃が飼っていた黒猫がピンチとなった真弓を救う。

そして蔵の壁から猫となった雪乃が壁を破ってでてくるのだが・・なんで白猫?(笑。

 

登場人物がドンドン死んでいくのだが、最後に残った一番の悪、鹿内は真弓に誘われ

ふたりで楽しもうと店で戯れる。しかし、突然真弓に襲われるのだが、裸だった鹿内がなぜか背広姿で戦っているシーンになる(笑。

 

ここまでみていたら知らない間に寝てしまっていて最後がどういう終わり方をしたのか不明。もちろん録画もしていない。

 

トルコ風呂の客として大泉滉の姿があるのだが、溝口健二の映画にでた人がねぇ・・と思いました。

後妻役の真山知子という女優さん、顔は知っていましたが名前がわからず、調べたら蜷川幸雄の奥さんなんですね。

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20211026204351j:plain

ヤフオクより

 

森の石松  1949年 松竹

監督 吉村公三郎 脚本 新藤兼人

出演 藤田進 殿山泰司 轟夕起子 朝霧鏡子 志村喬 飯田蝶子 三井弘次

   安部徹 笠智衆

 

森の石松という映画はたくさんつくられた。この作品は松竹の1949年というが日活では1937年、黒川弥太郎主演のものがある。見てみたい。

 

貧乏百姓の石松は年に一度地主の旦那の茶摘みをして手間賃をもらうのだがその帰り道、博打に誘われもらった手間賃は全てなくなってしまう。そんな暮らしはもういやだと石松は家を飛び出し、ヤクザになる。それが清水の次郎長一家。

しかしヤクザの修行?はつらく、逃げ出すがとらえられ海に沈められてしまう始末。

よく行く飲み屋の女、轟夕起子はなにかと石松の世話を焼くが、ある日出入りでやはりヤクザだった兄を亡くす。その出入りで活躍した石松はどんどん出世していっていい顔になるがその出入りで片目を負傷して黒い眼帯をしたあの石松になる。片目になったきっかけは初めて知った。

 

ある日親分の代参で金毘羅様へ行った石松。船問屋の集金も終えて帰る船の中で乗り合わせた乗客。たまたま男の一人が清水の次郎長一家のことを話、その子分の中で誰が優秀か・・・ということになる。それを聞いていた石松、なかなか自分の名前がでないのだが最後に自分が一番だと言われすっかりいい気分になり乗り合わせた乗客に奢ってやると飲めや歌えや芸者をあげて大騒ぎ。ちょうど勤王と維新の侍に切りあいの最中に飛び込んで石松は頭を殴られ気絶してしまう。目を覚ますと騒いでいた座敷にいる。

他の衆はどうした?ときくと皆さんもう発ったと言われ、代金の20両を請求されるが石松はお金がない。貸してくれというが主人は納得せず石松はしぶしぶ親分の集金の金で払うことになりほとんど一文無しになってしまった。

 

これではまずいと一家に帰る前に博打で取り戻そうと島千鳥という親分(志村喬)の賭場へ。

博打に強い石松。最初は勝っていたが親分と指しでやろうと言われ勝負すると負けがこみ、最後は自分の刀までいれるが着物までとられてしまう。

これではますます一家へ帰れない。

友人の殿山泰司から3両、飲み屋の轟夕起子から10両を借りまた島千鳥の賭場へ。

その時轟夕起子からこの10両は将来飲み屋でもやろうと思っていた金だがヤクザを辞めるなら貸してあげると言われる石松。とにかく貸してもらいたくてその約束をする。

 

今度は絶好調でしこたま儲けた石松だがおもしろくない親分の命令で石松はその子分たちに切り殺される。やっとの思いで実家まで行きそこで息絶えた石松の手には轟夕起子から借りた10両が握られていた・・・。

 

アニキがやられたときいた弟分?の三井弘次はアニキの仇をうつのだと走っていく・・・

ま、ヤクザ同志の抗争ですなぁ。

 

♪♪寿司食いねぇ・・・の浪花節と共に船の中で自分のことが褒められた石松のシーンはなかなかだった。

 

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20211022135603j:plain

スカパーより

 

ウンベルトD  1952年 イタリア映画

出演者の殆どが素人とwikiにあります。

監督 ヴィットリオ・デ・シーカ 

 

70才の主人公は愛犬とともにアパート(家主の住む三階の一室)に暮らしているが年金が少なく、家賃を4か月滞納している。彼は年金をあげろというデモに参加したり、自分の懐中時計を二つあるから(多分 一つしかない)買わないか?と同じ老人に持ち掛けたりする。

アパートに帰ると家主の女性が出て行けと言われ、彼はなんとかしようと街へ出て知り合いに声をかけ借金を申し込むが皆逃げるように行ってしまう。

 

愛読書と懐中時計を売り家賃の一部を入れようとするが、家主は全額支払えとケンもホロロな対応。家主は勝手に彼の部屋の模様替えをする始末。

 

絶対居座ってやるという彼。街で物乞いをする男を見かけ、自分も手を出してお金をもらおうとするができず、愛犬に帽子をくわえさせ、自分は物陰から見ている始末。そこへ知り合いが通りがかるとそそくさとその場を立ち去るのだ。

 

工事途中のひどい部屋で、彼は具合が悪く病院へ運ばれる。その間、彼の愛犬は家主のメイドの女の子へ預け、入院するが一晩?すごした程度で医者は良くなったから退院しろという。彼の隣のベッドの男は入院を延ばすためにシスターにすり寄る。その方法を彼に教えてもらい二人はしばらく病院で過ごすことができた。退院時、その男はまた入院するのだと意気揚々と引き上げていく。

 

ところが愛犬がいないという。驚いた彼は動物保護施設へタクシーで行くがあいにく細かいお札がなく釣りはないと言われそれをくずすために古物?市場の一軒でくずして欲しい頼むが断られ、仕方なくコップを一個買うことになる。タクシーへ料金を払おうとする時にそのコップがじゃまになり彼はそのコップを投げ捨てて粉々にしたりする。

慌てて施設へ行った彼の目に飛び込んだのは殺処分される犬たち・・・。

一生懸命愛犬を探す・・・すると愛犬は野犬狩りでやはり捕らえられていてケージの中にいた。

 

結局、家をでることにした彼・・・愛犬の行く末を考えて個人?で犬を預かっている家へ行く。そこの夫婦ものの話を聞くがどうも預かった犬をかわいがっている様子もなく、お金ばかり興味があるような素振り・・・いったん持っているお金全てとトランクの中身全てをあげて愛犬の面倒をみてもらおうとするが、そばで預かっていると思われる犬がぎゃんぎゃん吠えてそのたびに彼の愛犬が怖がるので辞める。するとその夫婦ものは時間の無駄になるようなことはするなと怒るのだ。

 

行く先もなく、子供達の遊ぶ公園?へ来た彼。今度は子供に愛犬をあげようとする。

子供は大喜びだが母親が来て反対され、愛犬を捨てて行こうとして草陰に隠れるが愛犬に見つけられ、彼は愛犬を抱きかかえて警報機のなる踏切へ・・・。

びっくりして逃げようとする愛犬・・・結局死ぬこともできず、愛犬はそんな飼い主を怖れ公園に逃げ帰り飼い主が呼んでも来ようとしない。

 

悪かったと思った彼は愛犬が好きなボール遊びで呼び寄せようとするのだ。

 

この映画、光と影の映し方がうまかった。

f:id:nihoneiga1920-1960:20211020140911j:plain

アマゾンより

 

示談屋 1963年 日活

監督 井田探 脚本 安藤日出男

出演 川地民夫 小沢栄太郎 杉浦春子 九里千春 松本典子 下元勉

   佐野浅夫 藤村有弘 小池朝雄 山田禅二 高品格 青木富夫 

 

www.nikkatsu.com

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20211019105005j:plain

日活より

川地民夫が出演なので示談屋が川地なのかと思ったが、まぁ川地も大会社の事故係だからその一種?かもしれないが示談屋なのは川地の父、小沢栄太郎だった。

 

交通戦争をいわれた1960年代。交通事故はうなぎのぼりでその事故の賠償金をめぐり被害者と加害者の間でうまく金額の折り合いをつけようとする示談屋たち。

示談金の半分を自分の懐に入れ、残りを被害者に納得してもらうのを生業としている元警察官?の小池朝雄。病院に担ぎ込まれた被害者の代理人となって賠償金の交渉を請け負う小沢栄太郎。彼は病院の事務長、下元勉とも結託している。

 

小沢栄太郎の息子、川地民夫は大学を卒業後タクシー、運送、観光事業などを経営する会社で事故係となり日々、自社の車がおこした交通事故の被害者への対応をしている。

それは被害者への賠償金をいかに少なくするかというのが仕事なのだ。

そんな日々を過ごしているうちに川地は身体の具合が悪くこんな仕事などしたくないと思うのだが、上司の佐野浅夫に叱咤激励され、トラックに轢かれ顔に傷を負ったモデルの松本典子宅へ行くことになる・・・。

 

小沢栄太郎と対照的に被害者に同情し、結婚するとまで言いだす川地。

ところどころコメディ?かと思わせる場面もある。

 

病院に看護師をしている九里千春は自分の目標となる夢(歌手)に向かって進むアプレ。

杉浦春子は最後に登場するが、小沢栄太郎と杉浦春子の言い合いは真剣そのものでさすがという感じ。

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20211019104927j:plain

日活より



維新の篝火  1961年 東映

監督 松田定次 脚本 結束信二 原作 池波正太郎

出演 片岡千恵蔵 淡島千景 里見浩太朗 北沢典子 志村喬 徳大寺伸

   月形龍之介 田中春男 河野秋武 岡田英二 多喜川千鶴

 

 

www.toei-video.co.jp

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20211018144501j:plain

東映チャンネルより

 

見るものがないので見た・・・という映画だが、淡島千景の着物姿はやっぱり美しい。

 

土方歳三片岡千恵蔵っていうのもちょっとね。まぁ片岡千恵蔵じゃなければお客さんを呼べないと思ったのかもしれない。近藤勇月形龍之介だし。

 

京都の装束商の後家、淡島千景は夫亡き後、妹夫婦と店を切り盛りしている。まだ幼い一人息子をかかえ、けなげに生きる。

京の町では新選組のことがもっぱらの噂で特に土方歳三は冷酷な人だと恐れられていた。

そんなある日、お房(淡島千景)は長州藩藩士を切って捨てた土方と出会う。

さらに猿回しで人だかりができたところでも・・・。

 

そして突然の雷雨で茶屋に入るとそこには従業員だった娘の結婚式へ行く途中だったお房がいた。お房はビックリしつつも土方の誘いで奥の座敷へ・・・ところが使いがきて土方は去らなければならなくなった。お房に手紙をくれと言って去った土方・・・。

 

ま、土方とお房の恋物語なんだけど。

 

徳大寺伸の侍姿・・というかちょんまげって似合わなかった。

 

片岡千恵蔵の下男?が河野秋武だが、お房と土方が座敷で戯れている時、お房の簪が外れて下へ落ち、割れてしまう。それは亡き夫に買ってもらったものだったが、土方は遠慮がちに新しい簪を自分に買わせてもらってもいいかなと言う。

で、土方はその後江戸行きの船に乗るのだが、下男に買っておいた簪を届けてくれと手渡すものの、哀れ下男は戦乱で行き倒れ、その手元には簪の入った函が・・・

この最後は良いけれど、いつ土方は簪を買う時間があったのだ?が素朴な疑問。

ま、いいけど(笑。

 

さて、侍は「ちょんまげ」だけど今の世に「ちょんまげ」って私は疑問(笑。

ちょんまげにしてる男性もはっきり言うがセンスを疑う。

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20211018145123j:plain

 

 

 

 

激走!日本アルプス大縦断~2021 挑戦へ NHK

偶然2018年の大会をNHKで放送したのを見ていたく感動。昨夜2021大会が放映されると言うので録画しておいた。昨日はスーツさんの中山道を京都までチャリで行くという動画も午後8時からプレミアム公開だったのでとりあえずスーツさん優先。

妻籠から馬籠を通り最終的に大井宿までの26キロ。中山道はところどころ分断され、あるいは道が消失しているところが多く、また東海道とは違った山の中を行く。特に木曽路に入った動画はどれもよかった。今回は宣伝する代わり?に宿泊させてもらうということはないようだ。なので26キロしか走行しなかったのは泊まれる宿が大井かそれを越すともっとずっと先の宿場まで行かなくてはならなかったのだ。

なるべく中山道を行こうとしてくれるスーツさんだが自転車ではなかなか難しいらしいのは映像をみていてわかる。

 

で、この大会。富山湾から日本アルプスを越えて静岡県駿河湾まで行く450キロを走る?登る?歩く?という過酷なレース。その名も「トランスジャパンアルプスレース」なんとフルマラソン10回分、登りの高さは富士登山7回分であり、これを8日以内で踏破しなければならないのだ。さらに関門通過の日時制限もある。そして一番早く駿河湾のゴールに到達した者が優勝者となる。これまでの記録は2016年の4日23時間あまり。

8日ギリギリでゴールする選手が多いのに5日を切るのはほぼ寝てないの?

凄いのは人間疲労困憊してくると立って歩きながら寝ちゃう。この回ではなんと幻覚を見てしまう参加者もいた。

 

この大会に出場するためにはフルマラソン3時間20分以内、70キロ以上の山岳レースの完走経験、さらに標高2000メートル以上で10泊以上のビバーク経験が選考基準で出場できるのは30人。そのために事前にテストがある。

もう出場できるだけでかなり凄い。

スポーツ観戦はあまり興味はないが、この大会はとにかく応援してしまう。誰の応援とうかみんな頑張れと気持ちにさせる。

出場選手は会社員、消防、警察官など市井の人などなど。ところどこと取材した参加選手の紹介があってひとりひとりのドラマがある。

 

が・・・2018年の番組は確か2時間半?か3時間近い番組だったが、録画時間が1時間半だったので??と思っていた。録画終了時間が近くなってもまだ大会2日目の朝だったので続編に続く・・・なのかと思いきやなんと台風接近による悪天候で大会その物が中止。レース開始から31時間後だった。

 

この大会にでるのに5年も10年もかかって出場する人もいるのだとか。悔しかったと思うがなんと来年また大会がある(普段は2年に一度?)という。

楽しみです。

 

続 夫婦百景 1958年 日活

監督 井上梅次 脚本 斎藤良輔

出演 月丘夢路 大坂志郎 浅丘ルリ子 岡田真澄 山根寿子 青山恭二 

   長門裕之 丘野美子 市川翠扇 沢本忠雄 小沢昭一 菅井きん

   西村晃 小園蓉子 中原早苗

www.nikkatsu.com

 

夫婦百景が好評だったのか半年後に続編誕生。

学生夫婦だった浅丘ルリ子岡田真澄夫妻は卒業し働いている。

月丘夢二、大坂志郎夫妻は相変わらずだが、なんと大坂志郎が児童文学賞を受賞し賞金

10万円をもらう・・・のだが、泥棒夫婦、小沢昭一菅井きん夫妻がその夜月丘宅に忍び込む。ルリちゃんに誘われて外出した大坂志郎の懐にあった賞金は無事だったが、

月丘が家へ電話してお財布のありかを夫だと思い小沢昭一にしゃべってしまい、財布の中の7万円?と月丘・大坂の衣類も盗まれてしまう。

 

この回では年齢差カップルが二組登場。

山根寿子夫妻はお金を貯め、彼女は小料理屋を開店している。夫の田舎から父親の具合が悪いと呼び出され田舎へ行ってしまった夫を山根寿子は帰ってこないのでは・・と今回も苦悩する。

そこへ親友の月丘夢路が4年前に悩み相談で知ったある夫婦の話をする。

女医である市川翠扇はもう自分は結婚などしなくて良いと思っていた。毎日忙しく働き、日曜に教会の礼拝に通うのが楽しみだった。同じ教会へ両親のいない沢本忠雄がいる。ある日自分の息子のような沢本と彼の情熱に負け男女の仲に・・・しかし沢本は年齢など関係ないのだとふたりは結婚・・・妻は夫を自分の医院におき、薬剤師となるように勉強させ見事夫は薬剤師に。今では娘も生まれ幸せにくらしているという。

 

その他、大坂志郎がヤクザの賭場で大勝ちしたり、浅丘、岡田夫妻の大学の後輩中原早苗が岡田にアプローチしたりといった話を織り交ぜて色々な夫婦形態があるという話。

 

そう言えば皇族のご結婚で世間はざわついている。お相手は疑惑だらけの人らしいし

私の娘なら・・・どうかと思うのだからそれが天皇の姪、将来の天皇の姉となれば・・・喜べって言われてもねぇ。「お相手は○○ご卒業後、○○に勤めておられる方で なんだかんだ」だけで紹介できるお相手じゃないのは皇室なんてまるで興味なかった私でもなにか言いたくなるんだなぁ・・これが。

まぁ大騒ぎして一緒になってもその後は長い。

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20211016113446j:plain

日活より