日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

君が若者なら  1970年 松竹

監督 深作欣二 脚本 中島丈博 松本孝二 深作欣二 

出演 石立鉄男 前田吟 河原崎長一郎 林秀樹 峰岸徹 小川真由美 太地喜和子

   寺田路恵 荒木道子 藤田朋子

 

 

衛星劇場より

深作欣二監督で、松竹。演出過多でちょっと白ける(笑。ヤクザ映画ならこのくらいの演出でもよいのかもしれないが。

 

九州から金の卵として東京の工場?で働く喜久男(石立鉄男)と麻男(前田吟)。同じような境遇の同僚、清(河原崎長一郎)、一郎(林秀樹)、竜次(峰岸徹)の5人は工場が倒産してしまい住んでいた寮も立ち退かなければならなくなった。

ドモリの竜次のボクシングの試合を見に行った4人は相手を応援していたチンピラとケンカし、留置所で一晩過ごす羽目に・・・。その夜、5人は各々働いたかねを貯めてトラックを買い、商売することを決めて皆、それぞれが働き始めた。

 

ところが・・・念願の砂利トラック購入まで残ったのは喜久男と麻男だけだった。

 

一郎はクラブのボーイをしているうちにホステスのひとり(太地喜和子)との間に子供ができて自分が積み立てた金をもどしてもらい女と生活をはじめた。

 

竜次はスト破りに一万円欲しさに参加するが警官になぐられ死んでしまう。

 

清は倉庫泥棒を働き、刑務所へ入った…。

 

当時の若者の奮闘や苦悩がこれでもか!ってくらい描かれている。

松竹より

寺田路恵という人はなんだか佐藤オリエ系の人だと思ったら俳優座の同期だという。どちらかというと佐藤オリエのほうがブレークしてた気がする。

藤田弓子は銀行員でちょっとだけ出演するがまだ細くて非常~~~~に可愛かった(笑。

 

にっぽん泥棒物語 1965年 東映

監督 山本薩夫 脚本 高岩肇 武田敦

出演 三國連太郎 佐久間良子 緑魔子 北林谷栄 加藤嘉 伊藤雄之助 加藤武

   江原真二郎 市原悦子 花沢徳衛 千葉真一

 

東映チャンネルより

 

松川事件の差し戻し公判で証言した元窃盗犯2名の話から作った物語。

泥棒時代の話が長い→泥棒は夜中→画像ほとんど真っ暗状態が映画の三分の二を占めていて(笑、途中で見るのをやめようかと何度となく思った(;^_^A

 

主人公の林田(三國連太郎)は闇で歯医者をやりながら土蔵破りをする男。

福島の言葉なんでよくわからなかったセリフも多かった(;^_^A

家には年老いた母(北林谷栄)と妹(緑魔子)がいるが、妹は兄のために結婚が破断になったりする。

 

ある晩、刑務所で知り合った相棒(江原真二郎)と土蔵破りをしようと林に潜んでいると、男たちが通りがかった。慌てて挨拶すると先頭の男も挨拶した。訛りがなかった。

総勢九人の男たちが林田の前を通り過ぎた。その後、機関車が脱線・・・・

 

終わりのほうが面白く、結局最後までみた。鈴木瑞穂の演技って好きだな。

東映でおなじみの俳優さんたちが勢ぞろい。ついでに西村晃もちょっと出演する。

 

 

アマゾンより

 

兵隊やくざ 脱獄  1966年 大映

監督 森一生 脚本 舟橋和郎

出演 勝新太郎 田村高廣 小川真由美 田中邦衛 五味龍太郎 中谷一郎 

 

 

有田と大宮は敵前逃亡の罪で刑務所へ・・・大宮の反抗的な態度で彼は食事を与えられず、苦しい思いをする・・・そこで脱獄を試みるもあえなく捕まり、死刑も免れない状況となるが、有田の旧友の助言でソ連国境の前線送りとなる。

そこには刑務所で同じ部屋だった沢村(田中邦衛)がいたが、彼は翡翠を隠し持っていた。それを知った軍曹は沢村を射殺し翡翠を自分のものにする。彼には芸者をしている珠子(小川真由美)を見受けして日本へ連れて帰りたいので金がいるのだったが、珠子は大宮や有田のほうを気に入っていた。おもしろくない軍曹はソ連軍に大宮を撃たせようと画策するが・・・・

 

終戦近い8月9日、大陸から軍人が逃げ出すのだが、一般人はトラックに乗せてもらえず、そこでも有田と大宮は活躍!そして珠子もトラックへ乗せ、大宮はまた守備隊へ戻っていく・・・・

 

ここでも敵と戦うより軍隊内部で起こった出来事が描かれている。一般人をおいて逃げ出す軍人のことはある意味真実であろう。

パワハラ、セクハラ、モラハラ、なんでもありのオンパレード映画です。

 

アマゾンより

 

新・兵隊やくざ  1966年 大映

監督 田中徳三 脚本 舟橋和郎

出演 勝新太郎 田村高廣 嵯峨三智子 成田三樹夫 藤岡琢也 玉川良一

   神田隆 見明凡太郎

 

まだシリーズ4作しか見ていないが、この3作目が面白さ一番だった。

 

軍のトラックで逃げた有田と大宮だが、ガソリンがなくなり満州の荒野を歩く・・・

八路軍の襲撃を受け、その後追ってきた日本軍との撃ち合いにに。命からがら逃げた二人だが、そこには別の部隊の日本軍がいた・・・。その部隊へ編入させられた二人だが、あまりの訓練の厳しさとバカバカしさで脱走し、街中に身を隠す・・・。

そこには日本軍の物資を管理する部隊がいて、大宮は浪曲師として皆を楽しませた後、部隊の物資を盗み出し金を得る。その部隊では将校が勝手に物資を売りさばいているという。

金を手に入れた大宮は我慢できずに女郎を買いに行く。有田と女たちと座敷で呑んでいるとそこの主人が博打に誘う。最初は大勝ちしていたが、結局借金までこさえて大宮と有田はその女郎屋で働く羽目になる(笑。

その店の女のひとり、桃子(嵯峨三智子)からイカサマ賭博で主人から騙されたことを知った大宮は店の女と共に店から逃げる。大陸の荒野で有田が女たちにここで解散するから自由にどこへでも行けというも、女たちには自分たちの面倒をみてくれなければ元の場所へ戻ると言われ、困った有田に大宮はピー屋(多分 パンパン宿のこと?)をやろうという。渋る有田だが女たちは大賛成。自分たちが稼ぐからと廃屋?を飾りつけ店を出す。毎晩毎晩、兵隊たちが押し寄せ、店は大繁盛。ところがそこへ逃げ出した店の主人とその一味がやってくる・・・。

 

さらに憲兵隊に捕まって脱走兵だと知られた二人だが、憲兵成田三樹夫)が過去、

兵隊と女を射殺し、さらに見張りの兵隊も撃ち殺した事実を知った大宮と有田を消そうとする・・・・

ここで手りゅう弾が登場し、おもしろい展開となって大宮は有田をサイドカーに乗せて逃亡!!!次回へ続くのだ♪♪

 

嵯峨三智子の美人度マックス時代!山田五十鈴を超えている美形でした。

戦争?映画だが、戦争というより日本軍の内部の話。メインは兵隊同士の制裁。

そして上役がうまいことをして儲けているとかの話。戦争に行って散々上官に苦しめられた観客が見て胸がスカッとする場面が多数ある。

 

アマゾンより

 

続・兵隊やくざ  1965年 大映

監督 田中徳三 脚本 舟橋和郎

出演 勝新太郎 田村高廣 小山明子 水谷良枝 須賀不二男 五味龍太郎

   上野山功一 芦屋雁之助 芦屋小雁

 

日本の古本屋より 大映スチル

 

鉄道で逃げた有田と大宮だが、途中で列車を爆破され、気づくと野戦病院だった。

おおお!なかなか良い展開♪♪

そこには看護婦の恭子(小山明子)がおり、大宮(勝新太郎)は一目ぼれ。

二人ともケガをしたので除隊となり、内地に帰れることになったが、なんとそのまま違う部隊へ送られることとなった。なにせ昭和18年だから兵隊が足りなかったらしい。

 

がっくりする有田(田村高廣)だが大宮は日本へ帰っても行くところもなく、平気な顔でその部隊が駐留している町へ行く。

 

ここでも男性の裸、それも芦屋雁之助・小雁兄弟のお尻が見れる(笑。

 

入隊早々、一番風呂へ入っている大宮。そこへ青竹軍曹(芦屋小雁)と江崎軍曹(芦屋雁之助)が入浴しに来る。大宮の面構えをみて上官だと勘違いした二人は背中を流したりするが、後で一等兵だとわかりまた目の敵にされて・・・

 

さらに大宮が世話係となった岩波曹長(睦五郎)が女のことで八木曹長(上野山功一)を銃殺というか暗殺!!それに気づいた有田と大宮。

 

最後はトラックでまた脱走するのだ!って展開で、次も見たいと思わせる映画。

もちろん見ました(笑。

 

アマゾンより

 

兵隊やくざ  1965年 大映

監督 増村保造 脚本 菊島隆三 原作 有馬頼義

出演 勝新太郎 田村高廣 淡路恵子 山茶花究 内田朝雄

 

 

シリーズ化された第一作。勝新太郎ってこういう役はピッタリ。

戦時中の物語だけれど、初年兵の日本兵が先輩からどんな仕打ちを受けたのかわかる(;^_^A

1965年だから実際に戦争に行って、上官からビンタだのなんだの理不尽な理由で暴力を受けた観客がみて胸がスッキリ?する物語だったんじゃないでしょうか。

敵と戦うっていう場面は全くなくて、ひたすら軍隊の中の暴力を描いているんで最初から見ていて「痛っ」だった(笑。

 

満州浪曲師になりたかったが結局ヤクザとなってしまった男、大宮(勝新太郎)が初年兵として入隊してくる。インテリだが昇進試験は受けず、ひたすら内地へ帰ることを願っている関東軍最古参?の有田(田村高廣)が大宮の指導係として任命されるが、大宮は風呂場で乱闘騒ぎを起こす・・・・。

そこから恨みを買って殴り、殴られ、もうね、見てて痛いのよ(笑。

映画最初の風呂場のシーンは、兵隊ものだから男ばっかりの裸、裸、また裸♪

 

こういう映画に出演する女優さんの役はもちろん兵隊相手の女か慰問にくる芸人。

淡路恵子は将校相手の女だが、大宮に惚れてしまう役。

 

悪名では同類のヤクザ者、田宮二郎とコンビを組み、兵隊やくざでは対照的にインテリの田村高廣とコンビは面白かった。

南方へ送られるはずの勝進が田宮を連れてまんまと脱走するというところで終わるが

もちろんシリーズものなので次が見たくなる映画でした♪

 

アマゾンより

 

麻薬3号  1958年 日活

監督 古川卓巳 脚本 松浦健郎 原作 五味康祐

出演 長門裕之 南田洋子 大坂志郎 白木マリ 二本柳寛 近藤宏 小園蓉子

   植村謙二郎 河野秋武 

 

www.nikkatsu.com

日活より

 

ついにアマゾンプライムビデオにアップされた麻薬3号!!!

”体を張った女たちのエロティシズムを赤裸々に描いた””・・・っていうほどでもないけど((;'∀')

 

神戸の港町の慎二(長門裕之)は前科のあるヤクザ者。船員相手に身体をうる女たちからはモテモテのお兄さんだが、ある日慎二が任されている赤新聞の事務所へ東京から女が訪ねてくる。

啓子(南田洋子)は東京で恋人であった男性の行方を訪ねて慎二の元へ行く。

しかし、啓子の恋人(植村謙二郎)は神戸で殺人を犯し二人はそれっきりとなったが、

その恋人を一緒に探した慎二は自分の周りにはいないので初心で純粋な啓子が気になる。その後、二人は一晩を過ごす。慎二は啓子が東京へ帰ったらもう神戸には戻ってこないだろうとなんとか神戸にいるように金の工面を考える。

啓子は父から50万円くらいもらえるから一度東京へ帰るという。それを聞いてとにかく金を稼ごうと麻薬の取引に手を出す・・・。

 

堅気になって欲しい啓子と、なかなか堅気になれないヤクザな慎二。

 

神戸の当時の街並み、ロケ地が良かったが、なにせ画像が酷く劣化していて残念。

 

アマゾンより

 

 

茶店の峯品子

 

茶店内部が暗く、画像も良くない。長門裕之が劇場の支配人を探して喫茶店に行くシーンで登場。その後、もう一度やはり支配人に会う場面で喫茶店へ行きまた登場する峯品子♪