日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

拝啓 総理大臣様  1964年 松竹

監督 野村芳太郎 脚本 野村芳太郎

出演 渥美清 長門裕之 壺井文子 横山道代 宮城まり子 加藤嘉

   山本圭 原千佐子 千石規子 穂積隆信 三津田健

 

www.shochiku.co.jp

 

拝啓 天皇陛下様、続 拝啓 天皇陛下様、そしてこの3部作だそうだ。

今なら差別満載で映像化できないだろう(笑。

 

渥美清は売れない関西の漫才師、師匠の葬式から始まる。場所は天王寺

一方、元相方だった長門裕之は東京でムーラン・ルージュという夫婦漫才で大人気。

そんな相方を頼りに東京へ出て来た渥美だが、長門横山道代夫妻からは歓迎されない。やっと紹介してもらった仕事はヘルスセンターのかまたきだった・・・。

 

一方、黒人との間の娘、壺井綾子は面倒をみてくれた祖母が死んで京都から母の姉、宮城まり子を頼って出てくる。場所は釣りバカでもおなじみの品川近辺。

しかし、貧乏所帯で、飲んだくれで働かない加藤嘉と子供達、加藤嘉の妹の千石規子がいていたたまれない。

そんな壺井文子京都から出てくるとき、大阪から乗った渥美清とたまたま汽車で乗り合わせたのだった。

 

渥美は壺井を誘って旅役者の一団となる。漫才をしたい渥美は相方を壺井にして漫才をするのだが、慣れない壺井は客席からのからかいに本気で怒ってしまう。

 

ある日、東京の長門裕之から連絡があってテレビにでれることになった渥美。

なんと壺井をそのまま置いてきぼりにする(けっこういい加減 笑)

 

長門は自分の浮気が原因で妻、ルージュと別れるつもりで相方に渥美を誘ったが、テレビ慣れしていない渥美がドジで、その上妻のマネージャーからまだ仕事がしたいなら渥美との仕事をするな・・・と暗にほのめかされ長門は妻と元通り(これもいい加減な男だ)。

長門の愛人だった原千佐子には下半身不随で寝たきりの弟山本圭がいる。

原は長門と別れ、弟は義肢を作るために病院を退院し明るく生きていく・・みたいな(よくわからない 笑)。

 

壺井文子は一度、宮城まり子に本当は自分の母ではないかと聞いたが宮城まり子は違うという。ある日、宮城はアメリカ人の車にひかれ病院へ。意識不明で口走ったのが壺井のことだった。慌てて駆け付けた夫、加藤嘉アメリカ人は見舞金だと50万円を渡すと嬉しがる加藤嘉。この時のやり取りがおもしろかった。

警察官役で穂積隆信

 

壺井も旅先から駆け付け、加藤嘉宮城まり子の娘だと知れる。「パンパンだ!」と怒る加藤嘉。そして意識が戻った宮城はまた自分の娘ではない・・と言うのだった・・。

 

(なんだかわからないが)今度は夫である加藤嘉が車にひかれ、あっけなく死亡。

保険金を受け取る宮城と千石だが、過失があったと満額受け取れない皮肉。

 

そして宮城まり子は自分が悪かったと反省(したんだっけ 忘れた笑)。

 

もう一度壺井文子とコンビを組んだ渥美はヘルスセンターでまた漫才をやるのだった・・。

そして最後に拝啓 総理大臣様、これがあなたを選んだ人達です・・とかなんとか。

 

監督、脚本共に野村芳太郎だが、元のさやに納まる夫婦、結局ドサ回りの漫才師、飲んだくれで交通事故で死んじゃう男、黒人との娘を生んだ女・・そんな人達もあなたを選んだんだからね!と言いたかったのだろうが、あまり出来はよくない。

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20210225121802j:plain

アマゾンより

 

野獣死すべし   1959年 東宝

監督 須川栄三 脚本 白坂依志夫 原作 大藪春彦

出演 仲代達矢 東野英治郎 団玲子 中村伸郎 瀬良明 小泉博

   白川由美 三好栄子 横山道代 

 

松田優作のは見たことがあったが、松田の変装が変で(笑、いまいちだった記憶。

大藪春彦の原作というのもあってあまり期待せず・・・

 

しかし、やっぱり1950年代の映画っておもしろいですね。

 

大学院で修士論文に取り組む仲代達矢はお金のために人殺しもいとわないクールな学生。その教授、中村伸郎はなにかと仲代を頼りにするが仲代の意見も自分の意見として新聞記事に載せたりするが仲代は気にしない。

 

完全犯罪をもくろみ、自分の大の教授の部屋を爆破。そのどさくさに紛れて学生の学費を強奪する。職員は全員射殺。学費が工面できず、大学をやめた学生を誘って強奪したが逃げる車中でその苦学生も射殺して車ごと海へ・・・

これ、本物の車を岸壁から投入(笑。お金かけてます。なんといっても車が高かった時代ですよ!!

 

貧乏刑事の小泉博はバー(純喫茶?)で働く白川由美がいる。結婚したいが自分の給料ではやっていけない。

小泉は仲代が事件の真犯人ではないかと目星をつける・・・内偵の結果、仲代の愛人で同じ大学院のゼミ仲間?の団玲子の部屋へ逃げた仲代を追って部屋に踏み込むが団玲子の部屋の捜査令状をもっていないことを仲代につかれ、引き下がるしかなかった。

仲代は論文が採用され、ハーバードへ留学が決まり次の日渡米してしまうのだ。

そして強奪した金もいらなくなったので団玲子へあげてしまう。

 

羽田空港で仲代の乗った飛行機を何もできずに見送った刑事、小泉博と東野英治郎だが、そこには団玲子の姿があった。東野は言う。あの女の後を追えば仲代は捕まえられる。たとえ渡米したってなんとかなるのだ・・・。

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20210224145441j:plain

アマゾンより



 

悪の階段  1965年 東宝

監督 鈴木英夫 脚本 鈴木英夫 原作 南条範夫

出演 山崎努 西村晃 加藤大介 久保明 団玲子 久保菜穂子 佐田豊

   土屋嘉男

f:id:nihoneiga1920-1960:20210223101117j:plain

山崎努西村晃加藤大介、久保明

悪の紋章より何倍もおもしろい映画。

金庫破りの4人組、ボスの山崎努以下、狂暴で12年服役した西村晃、若い久保明、運転した加藤大介。

盗った4000万円をめぐって一人ずついなくなっていくミステリーサスペンス。お互いの心理を描いていて飽きずに見れた。

山崎努の愛人、団玲子はクールであまり喋らない大人の女を演じていてそれまでの私のイメージと違いとても美人にとられている(笑。

 

ボスの山崎努は奪った金を均等に分けようというが、その代わり半年間は地下の金庫に入れておく。すぐ派手に使うと警察に目をつけられるからという。

金庫のカギは加藤大介に外鍵、西村晃に内鍵を預ける。

納得した4人だが、加藤大介が社長の愛人で銀座でバーを開きたい久保菜穂子をくどき、バーの開業資金の調達のためにお金をもらいたいとやってくる。

f:id:nihoneiga1920-1960:20210223100920j:plain

久保菜穂子と加藤大

山崎の家では(カモフラージュのために不動産屋をしている)西村、久保明両名に金庫破りをして捕まった一味の新聞記事を読ませる。そこにはお金の分配として運転手役が一番少なかったことが書いてあり、加藤大介もただ運転をしただけであり、西村たちも加藤の取り分が多いんじゃないかと言い出す。

そこへ加藤が現れ、金が欲しいというと山崎は僕は構わないが、西村にも聞け・・・という。

西村も承諾してふたりで地下の金庫室へ行くが、そこで西村は加藤の首を絞め気絶させる。そして山崎、久保明を呼び、ふたりで気絶した加藤の首をロープで絞めるように言って殺す。これで3人が共犯になった訳だが、山崎はいざとなったら愛人の団玲子に有利な証言をしてもらうから大丈夫だと思っている。

 

若い久保明が死体を埋めるために地下に掘った穴の土運びをするが、手伝った団玲子の思わせぶりな態度でふたりは関係をもち、久保が分け前をもらって二人で逃げようと提案する。山崎は団玲子がうまくやったと褒め、西村を呼んで金をつめて階段を上がってくる久保を突き落として殺害してしまう。

久保明の死体を車のトランクへいれ、車ごと海岸から落とすふたり。

これ模型の車じゃなくてなんと本物!お金かけてます(笑。

f:id:nihoneiga1920-1960:20210223101003j:plain

ふたりで逃げようという久保明

 

ふたりになった山崎と西村。西村は団玲子を500万円でくれという。

山崎が外出中に西村が現れ襲おうとするが団は拒否。そこで西村は山崎が500万円でお前を売ったのだという・・・力が抜けて団玲子はそのまま西村と関係。

そこへ山崎が帰ってくる。山崎は西村を毒殺しようと容器の中が二つに分かれていてキャップをひねると別々の液体が2種類同じ容器からでるという水筒を買ってくる。

毒を混ぜたウィスキーと混ぜていないものを水筒にいれ、西村と別れるから最後に乾杯するのだという山崎に疑惑の目を向ける団玲子。

 

山崎が西村にカバンは持ってきたか?と聞くといや、ジュラルミンケーズのまま持って行くという・・・そこで西村が自分を殺そうとしているのに気づく。

山分けするつもりならジュラルミンケースなど外でもって歩けるわけがないのだ。

そこで山崎は地下室で金を取り出そうとしている西村を金庫に押し込めて圧死させる。

f:id:nihoneiga1920-1960:20210223101204j:plain

西村晃の話をきいて団玲子も山崎努に疑惑を

 

団玲子と二人きりになった。乾杯しようとウィスキーを注ぐ。チーズがあっただろうと気をそらし、山崎は団玲子へのグラスには毒入りのウィスキーを注ぐのだ。

飲もうとした瞬間に警官が現れドキっとするふたり。山崎の営む不動産屋を介して家を買った人間が会社のカネを使い込みそのことを警視庁で話してくれと言いに来ただけだったが、その間、団玲子はコップを取り換えるのだ。

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20210223101246j:plain

さぁ、乾杯しようという

 

戻ってきた山崎と乾杯する・・・口にしたあと、山崎は悶絶・・・そして息絶えた。

この時に息絶えた山崎の顔がジュラルミンケースに写るショットが良い。

 

翌日、加藤が500万円を用意したと久保菜穂子を不動産屋へ呼び出し、コーヒーの毒を入れて殺害。

地下に西村、山崎、そして久保菜穂子の死体を並べ火を放つ。

 

完全犯罪かと思いきや、焼死体は金歯をいれていたが、ここの奥さんには金歯はなかったと証言する警官・・・

 

団玲子が海岸を歩いている・・・その後からふたりの刑事・・・

f:id:nihoneiga1920-1960:20210223101402j:plain

山崎を毒殺して笑う団玲子・・・

 

姿なき目撃者  1955年 東宝

監督 日高繁明 脚本 日高繁明 原作 渡辺啓

出演 越路吹雪 小泉博 志村喬 久保賢(山内賢) 村瀬幸子 進藤英太郎

   徳大寺伸

 

山内賢が久保賢という名で初めて映画に出演。ひさしぶりに50年代の徳大寺伸も見た。監督が馴染みのない名前だったのであまり期待していなかったが、結構おもしいサスペンスものだった。

 

会社社長(建設会社?)の進藤英太郎の妻、久慈あさみはダンス教師の徳大寺伸と家で密会する仲だが、女中の越路吹雪は隣の少年でカメラ好きの久保明に2階の給水タンクに隠れて家の中の写真を撮って欲しいと頼む。

密会現場を写真に撮った少年、子供なので何のことやらよくわからない。それを現像し、越路吹雪に渡すと彼女はその写真をもって進藤英太郎の元へ密告にいく。

進藤は大阪へ出張だとみせかけて、久慈が家に呼んだ徳大寺がいる時に帰ってくる。

あわてた二人。徳大寺は給水タンクの中へ隠れるが、それを知っている進藤英太郎は風呂に入るのだと女中に給水タンクに水をあげるように言う。

越路が給水タンクのふたが空かないようにロックし、1階のスイッチを押す。

水が上がっていきタンクの中にいる徳大寺はもがくが、ふたが開かない。

部屋では進藤が久慈に謎解きのように早くしないと溺れて死んでしまう・・ようなことを言い、久慈はどうしていいのかわからない。

進藤が女中に水を止めるとうにいっても、越路は返事をせず、仕方なく進藤が階下のスイッチをとめる・・・が、越路がまたスイッチをあげてしまう。

 

ここまでの進藤と久慈のやりとりは心理戦をうまく描写できていた。

 

水がタンクからこぼれ、慌てた新藤がタンクのふたを開けると中で徳大寺が死んでいた・・・。びっくりする二人は越路を呼んでお前のせいだ。というが、越路は私は知りません、警察でもそう言いますと言われ、とにかく3人の秘密にしよう・・・ということにして徳大寺は溺死体として(どこかへ?運んだ?)警察に知られることになった。

久慈が越路の女中部屋を調べるとなんと徳大寺との間に子供があったことがわかる。

私は越路に殺されるかもしれない・・・と訴える久慈。進藤は越路に田舎へ帰ることをすすめ、お金を渡すから夜、事務所へ呼びつける。

越路は「もし自分が死んだら進藤に殺されたのだ」という手紙を書き、隣の少年宅からカメラを少年にわからないように持ち出して写真を撮る。その足で建設現場の事務所へ向かうが進藤と言い争いの末、建築途中のビルから落ちて死んでしまう。

焦った新藤はその死体の上へジャリを流すのだ。

 

徳大寺の件で捜査をしていた小泉博刑事は、徳大寺のポケットからO JOHJIと刺繍のあるハンカチに注目。それは少年がタンクに隠れて写真を撮った時に落としたハンカチだった。

それが少年のハンカチだとわかると少年が狙われるかもしれないと行動を共にするが

進藤、久慈あさみ夫妻は徳大寺の死から常に疑心暗鬼で越路が写真を撮ったという話から少年をなんとか捕まえようとするのだ・・・。

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20210222134203j:plain

久々の徳大寺伸

f:id:nihoneiga1920-1960:20210222134227j:plain

小泉博と久保賢(山内賢

ところでこの映画ででてくる教会はなんと碑文谷のサレジオ教会だそうで

(映画では桜新町に少年や久慈夫妻が住んでいる)こんな殺風景だったのだとびっくり

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20210222134620j:plain

 協会がサレジオ教会だとするとこの砂利道は雀のお宿公園に面したあの通りか・・・

 

 

駅前旅館  1958年 東宝

監督 豊田四郎 脚本 八柱利雄 原作 井伏鱒二

出演 森繫久彌 フランキー堺 淡島千景 伴淳三郎 草笛光子 淡路恵子

   森川信 藤木悠 山茶花究 都家カツ江 左卜全 市原悦子 藤村有弘

   三井美奈 浪花千栄子 武智豊子

 

この映画から「駅前」シリーズが始まったという。文学喜劇路線として好評だったので後にシリーズ化。

脚本が八柱利雄だったので超期待!

貴重な1950年代の上野駅がうつっています。当時は駅舎全体がよく見えたのですね・・。

他はセット。

 

結論から言うとまぁまぁ(笑。

 

女中部屋で生まれたという森繁が番頭?お帳場?を務める柊元旅館、今は団体客メインで客引きの出番はないが、上野の各旅館には森繁を始め、客引きを誇りに思う番頭がいる。番頭たちの慰安旅行先の江の島では森繁と伴淳が客引き合戦の遊びをしたりするのだ。

 

そんな男たちが行く酒場は淡島千景の辰巳屋。柊元旅館とは目と鼻の先で、淡島は森繁に惚れている。

旅館に出入りの旅行業者はフランキー堺で、柊元旅館に常駐して団体客の東京見物のツアコンをしたり、団体客を紹介したりしている。旅館の女中、お京(三井美奈)とは恋仲。

 

毎日いろいろな団体客が来てひと騒動ある。

女子高生に扮した市原悦子がいました(笑。

 

町のごろつきで客引きのボス、山茶花究は旅館の女中たちを騙して鞍替えさせるが真っ当な仕事ではない。手下は個人客相手の客引きもやっている。

 

あまりの山茶花究たちにやり口に我慢できなくなった森繁とフランキー堺は立て看板をたくさん作り、「カッパ(山茶花究の一味の呼び名)追放」を訴えるが、怒ったカッパたちは柊元旅館を訪れ脅かす。女将の草笛光子は森繁は辞めたという。それを奥で聞いた森繁は女将がうまく嘘をついてくれたと思い、荷物をまとめて辞職の挨拶をするが

実は女将は団体客でやっていけるから森繁のような客引き上がりの番頭はいらないと常々思っており、これ幸いにお金を渡して「あんたなら日光でも昇仙峡でも雇ってくれるところはたくさんある」と言われてしまう。

あとへ引けなくなった森繁はそのまま上野駅へ・・・。

一方フランキー堺も女中のお京と旅館を出て行く。

 

森繁を追って飲み屋の淡島千景が後を追う。

行った先が昇仙峡。馬の馬車にひとり乗っている森繁のあとをもう一台の馬車。

そこには淡島千景の姿があったのだ。

 

みたいな話。豊田四郎監督だから、飲み屋で淡島と森繁との対面シーン、そして最後の場面も余韻があってよかった。とにかく淡島千景が森繁にぞっこんなのだが途中、淡路恵子が登場したりでやきもちも焼く。

全くの喜劇とも言えず、かといって文学作品としてもどうかな?という出来。

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20210221131513j:plain

 

七つの海 処女編・貞操編  1931年 松竹

監督 清水宏 脚本 ?

出演 川崎弘子 江川宇礼雄 岡譲二 若水絹子 高峰秀子 結城一郎

   村瀬幸子 伊達里子

 

先日、六本木のアマンドへ行った。帰りは「朝の波紋」で高峰秀子池部良が歩いた(と思われる)鳥居坂近辺をふらつき、フィリピン大使館裏を回って植木坂からデコちゃんの家(と言っても通り過ぎただけだが 笑)へ。運転手付きだったジャガーがまだガレージにとまっていたが、あの車、乗っているのだろうか?車は動かさないとダメになってしまう。(余計なお世話か・・)乗らないなら私が欲しい(笑。

永坂の坂を下り、麻布十番から帰途。しかし、六本木って家から交通機関の接続が微妙な感じでどうも行きたくない・・・。

2か月半ぶりのリングシューは、買う時「普通の」と2回言って購入(笑。

六本木のアマンドでは普通と昭和なんちゃらのリングシュー(値段は同じ、見た目も変わらず)が売っているので注意が必要。

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20210219141455j:plain

冒頭のこのアングルがなかなか良い。立っているのは伊達里子

さて、この映画、なんと子役でデコちゃん出演!

 

八木橋家の次男と将来は結婚(するであろう)する川崎弘子は病身の父とその後妻若水絹子、そして娘、高峰秀子と暮らしている。ある日、父は八木橋家の策略に怒り、そのまま脳溢血(かなんか)で亡くなってしまう。残された妻、若水絹子は気が狂ってしまい精神病院へ入院するが、お金がないので良い治療ができない。

八木橋家の長男が強引に川崎弘子とめとることになった。次男である江川宇礼雄は承諾した川崎弘子に怒り、友人で銀座でスポーツ店を経営している友の元へ高峰秀子と暮らす。

新婚旅行で岡譲二と部屋を別々にし、わがまま三昧する川崎弘子。まるで人が違うようになった。婚家でもお姑や義妹と喧嘩し、宝石などを買って贅沢に暮らす。

一方で義母の精神病院へ多額の寄付をしたり、夫の岡譲二にだまされたという女性の面倒をみる約束をしたりする。家でも岡譲二とは部屋は別々にするが川崎に惚れている岡譲二は不満ながらも川崎のいいなりに・・・。

 

新聞に八木橋家の内情がすっぱ抜かれ、川崎は舅から離縁を言われる。

不敵な笑みを浮かべる川崎弘子・・・。

f:id:nihoneiga1920-1960:20210219140452j:plain

悪い女になった川崎弘子は贅沢三昧の暮らし

 

一方、ある会社に勤める村瀬幸子は江川宇礼雄が好きだったが、川崎弘子の存在で諦めていたが、川崎が結婚したのだから自分は江川と付き合えることができると友人の結城一朗に相談するが江川は村瀬と会ってきっぱり断るのだ。

この映画の村瀬幸子、まだ若くて美人だった。

f:id:nihoneiga1920-1960:20210219140316j:plain

若い村瀬幸子

f:id:nihoneiga1920-1960:20210219140334j:plain

村瀬幸子

f:id:nihoneiga1920-1960:20210219140353j:plain

着物姿の村瀬幸子

そこへ離縁された川崎弘子が江川を訪ねるが、江川は拒否。

川崎弘子がずっと書いてきた「心の日記」を偶然目にした友人結城一郎達は貞操を守り通した川崎のことを知る。

 

場面代わって江川の書いた小説?「七つの海」が出版され、そこには川崎弘子と精神病院から退院しすっかり元気になった若水絹子の姿が。

ホテル?の敷地でボール遊びするデコちゃんがいる。

そしてめでたしめでたし・・・

江川にフラれた村瀬はアメリカへ行くことになる・・(なんでみんな外国へ?笑)

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20210219140856j:plain

セーラー服を着ている高峰秀子

f:id:nihoneiga1920-1960:20210219140926j:plain

江川宇礼雄を雪の中探すデコちゃん。ちゃんと演技している。

f:id:nihoneiga1920-1960:20210219140940j:plain

江川宇礼雄とデコちゃん

画像が古くて字幕が非常に読みずらく、その上セリフが長くて読み終えられず(笑、

ほぼ自分の想像で物語が結末を迎えたよくわからない映画でした(汗

 

続 青い山脈  1949年 東宝

監督 今井正 脚本 井出俊郎 今井正

出演 原節子 池部良 龍崎一郎 若山セツコ 杉葉子 小暮実千代 藤原釜足 

  三島雅夫 原ひさ子 伊豆肇 岡村文子 高堂国典 英百合子 

 

なんとアマゾンプライムビデオで無料放送中でした・・・

マイビデオにいれて忘れていた(笑。

暴漢に襲われた龍崎一郎を見舞いに芸者、小暮実千代は妹の若山セツコを連れて医院を訪れると後から原節子がやってくる。初めて見た原節子に小暮は「勝てない・・」と内心思う・・・表情が絶妙。

そして理事会が開かれる。ここで窮地を救うのは理事長、三島雅夫一派の悪事を知っている小暮実千代がチクチク嫌みを言ったりする。

 

この席に老人がいて、高堂国典なのだが以外に(歯がないのに?)活舌がよく、こんなにセリフをいうのは見たことがない(笑。

 

また前編では影が薄かった国語?の先生の藤原釜足の出番があった。

 

杉葉子にニセ手紙を出した女学生は夜、学校へ忍び込み、自分が書いた手紙を盗もうとするところを宿直の藤原に見つかるが、藤原はそのことを担任の原節子だけに言う。

なかなか良い教師(前半はそうでもなかった)。

 

杉葉子はニセ手紙の女学生と仲直りし、めでたしめでたし・・・

そして原節子龍崎一郎、伊豆肇、若山セツコ、杉葉子池部良はサイクリングに行って(このシーン有名 みんなで自転車をこぐ)なんと龍崎は生徒の前で原にプロポーズ。原は恥ずかしそうに「あなたが私のことをよくみて決めたならお受けします」と

いうのだ。

 

続編は先が読めてイマイチだった。

男女が町を一緒に歩いているだけでこんな騒ぎになったなんて今では信じられない。

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20210219101720j:plain

好きなお方のためなら腕の一本ぐらい折られたってねぇ・・という小暮実千代

f:id:nihoneiga1920-1960:20210219101851j:plain

ひたすら美しい原節子