日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

 最初は1960年代前半の若尾文子、市川雷蔵、あるいは川島雄三監督の映画にはまり、その後1950年代もみるようになりました。 さらに1940年代へとすすみ(、1930年代後半(トーキー開始)からたまに無声映画(1930年代前半)もみるようになりました。ごく最近1920年代の映画も見てますが、なんせ画像が酷くて途中でみるのやめたりしています(笑。 米国の古い映画と比べると邦画は保存状態が悪いものも多く、なんだか敗戦国日本・・を感じてます(笑。 自分の備忘録ですので記憶違いの記述もあるかと思います。
プロフィール
id:nihoneiga1920-1960
ブログ投稿数
421 記事
ブログ投稿日数
338 日
読者