日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

明日は明日の風が吹く  1958年 日活

監督 井上梅次 脚本 松浦健郎 池田一朗 井上梅次

出演 石原裕次郎 北原三枝 金子信雄 青山恭二 高野由美 田端義夫 大坂志郎

   二本柳寛 浅丘ルリ子 植村謙二郎 浜村美智子 高品格 

 

www.nikkatsu.com

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20220323152943j:plain

日活より

アマゾンプライムで無料視聴♪

裕次郎がヤクザの組長の次男坊。なんと長男が金子信雄だが普段の役柄と違い気は小さいが弟思い、組の存続を心配して兄なりに奮闘するいい人の役だった。まだ若い。

金子信雄の情婦の浜村美智子という人は歌手(ビクター)らしいが演技は下手だ。

ただし井上梅次監督は彼女を彼女以上にきれいに撮ることに一生懸命なのがわかる。

これが月丘夢二だったらなぁ。

 

物語は昭和12年から始まる。木場の松文字組の組長は幼子を残して敵対する巴組の客分の大坂志郎に刺殺される。

 

時は流れ、残された子供たちは長男金子信雄が組長に次男石原裕次郎はサラリーマン、そして父が刺殺されたときに母親、高野由美のお腹にいた三男、青山恭二は大学に通っている。

 

古くからの子分だった植村謙二郎は年老いてもう侠客がどうのという時代ではないと近所で隠居している。

 

そこへ親分を刺殺し、自首して刑務所にいた大坂志郎がやってきて線香をあげさせてほしいというが組長の金子信雄けんもほろろの対応。

 

彼は今は巴組のチンピラだった二本柳寛の組と兄弟の盃を交わしてはいるが実際は二本柳の世話でクラブの支配人をしている。これも松文字組を守るためだ。

次男の石原裕次郎は会社の専務の娘 北原三枝と恋仲だがヤクザ者の息子だと会社はクビになり北原三枝もしばらく彼のの元を去ることになった。

後に北原三枝は西銀座デパート内でジューススタンド?のような店を開くことになる。

 

三男の青山恭二は通っている音楽教室?で浅丘ルリ子と知り合うがなんとルリちゃん、二本柳寛の娘であることがのちにわかる。

そして松文字組の三男であることを知らなかったルリちゃん、お互いに自分の出生に悩むことになる・・・。

 

ヤクザものでも石原裕次郎主演だからなんだか爽やかなエンターテインメント(笑。

 

木場周辺がふんだんにでてきます。今は多分埋め立てられちゃってると思うけれどロケ地に行ってみたい。

1958年だかた裕次郎もまだ瘦せていてかなり若々しい。このくらいがよかったな。

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20220323152910j:plain

日活より