日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

恋文 1953年 新東宝

監督 田中絹代 脚色 木下恵介 原作 丹羽文雄 

出演 森雅之 道三重三 久我美子 香川京子 田中絹代 月丘夢二 入江たか子

   宇野重吉 夏川静江 関千恵子 花井蘭子 三井弘二 笠智衆 佐野周二 

   三宅邦子 中北千枝子 岡村文子

終戦後、別れ別れになった久我美子は米兵の子供をもったが、その子も死んでしまい、

渋谷の恋文横丁で手紙を書いてもらいにくる。

そこには森雅之が友人宇野重吉に誘われ代筆している。

宇野が相手にしている女(もっぱらパンパン)の声を聞き、もしやと思って追いかると

やはり久我だった。

森は久我をなじる。森の弟の道三重三がなんとかしてふたりの仲を取り持とうとするが、日比谷公園中北千枝子らパンパンに声を掛けられ、道三も久我のことを疑う。

この映画は好きです。

いいのはやはり脚本でしょうか。木下恵介ですし。

そして田中絹代監督なのでそのためか豪華俳優陣がちょっと顔出し。

入江たか子久我美子が間借りしている家の奥さんでセリフもあるが、

久我が働きだしたレストランの客に笠智衆三宅邦子が腕をくんで来るが一瞬。

酔っ払いは佐野周二でそれも一瞬。三井弘二たるや久我の働くレストランのウエイターだけれど一秒!(クレジットに名前があったが最初は探せなかったのでもう一度見て発見)

さきほどヤフー映画で記述があったのが写真屋として木下恵介の名前が・・・。

もう一度心にとめてみてみよう。

これは気づかなかった。

田中絹代は監督するために成瀬巳喜男あにいもうとの撮影現場で勉強したそうです。

昔DVDで発売されていたらしいですが、今は・・・

そして新東宝だったのは意外でした(東宝かと思った・・新東宝は・・・)