日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

五泊六日 1966年 東映

監督 渡辺祐介 脚本 瀬川昌治 原作 樹下太郎

出演 緑魔子 川崎敬三 磯野洋子 人見きよし 大坂志郎 岩井富子 

   若水ヤヱ子 池部良 岡譲二

 

緑魔子というと「傷だらけの天使」とか「夢千代日記(テレビ)」が思い浮かぶけれど、主演映画ってびっくり(笑。

 

ただ、やっぱり緑魔子・・・。池部良がちょっと特別出演していて池部プロダクション

プレゼンツ・・なのだが・・・、やっぱり緑魔子の主演はねぇ・・・。

年取った(笑 岡譲二もちょっと出演だけど、早々に死んでしまって出番なし(笑。

 

タイピストをしている緑魔子は、サラリーマンの川崎敬三と付き合っているが、貧乏暮らしがイヤなので会社経営者の息子、人見きよしと結婚する。

フラれた川崎敬三だが、ハンサムなので同じ会社の磯野洋子の猛アプローチ?の末結婚する。

 

新婚旅行は(当時流行?)のクーポンを使うが、なんと緑魔子川崎敬三の新婚旅行先は全く同じ。クーポン旅行なので泊まるホテルも同じ・・・。

 

途中、大阪から来た中年の夫婦、大坂志郎と岩井富子も加わりスッタモンダ・・。

 

脚本はそれなりに面白いかもしれないが、磯野洋子(新人)が美しすぎて(笑、

緑魔子が美人でいいところのお嬢さん・・・に見える設定がうそっぽい(笑。

 

新婚旅行先でやっぱり緑と川崎はお互いまだ好きとわかり、別のホテルで不倫を計画するのだが・・・

最後はなんとも皮肉な結果に(これおもしろい!)

 

東映って任侠ものしかないのかと思っていたけれど、ブラックユーモアなコメディもつくっていたのですねぇ。

ただ緑魔子って(笑。

彼女の指は細くて長くてきれいでしたが。

 

f:id:nihoneiga1920-1960:20201106173855j:plain

池部良と右後ろが岡譲二

f:id:nihoneiga1920-1960:20201106173941j:plain

緑魔子

f:id:nihoneiga1920-1960:20201106173958j:plain

川崎敬三 磯野洋子夫妻

f:id:nihoneiga1920-1960:20201106174023j:plain