日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

河内カルメン  1966年 日活

監督 鈴木清順 脚本 三木克巳 原作 今東光

出演 野川由美子 宮城千賀子 和田浩二 川地民夫 松尾嘉代 佐野浅夫

 

生駒の田舎で暮らす野川は自転車で工場勤めをしている。その工場のぼん、和田浩二は大学に通っている。野川と和田浩二が密かにデートするがその後、野川は町?村?の悪者たちに暴行されてしまう。

家に帰ると母、宮城千賀子が近所の坊主?と浮気をしていて、その母が野川にその坊主の相手になってくれと言われ、大阪に行く!といって家を飛び出す。

さすが鈴木清順、無駄に野川の暴行場面とか母の浮気場面で裸の場面はないが、ちゃんとわかる。

 

大阪のクラブで客の佐野浅夫と一夜を共にしてしまう。佐野は野川に夢中になり、信用金庫勤めだったので10万円のお金を使いこんでクビとなるが、それでも毎晩野川がクラブから出てくるのを待つ。それを知った野川は一晩自分のアパートに泊めるがそのまま

佐野はいついてしまう。

ある日、モデルをしている友人に勧められ、自分もモデルになるが、そのクラブの経営者?の女性に気に入られ、一緒に住むことになる。

そこへ川地民夫が現れるが、彼は後々、野川に親切だ。(謎)

モデルクラブの経営者はレズでもあり(映画ではホモと言っていた)、逃げ出した先が川地民夫のアパート。ある日、大阪に出てきて大阪見物していないからと大阪城などへ行き、バスに乗るとそこに和田浩二がいた。

家業は倒産し、大学も辞めたという彼と遊びに行き、一晩過ごし、和田のアパートへ行くことになる。

和田は故郷の生駒山で温泉を掘って一発当てるといい、その資金繰りに苦しんでいる。

川地がアパートに訪ねてきて、野川を世話したいという男性の話をする。

お金に困っている和田を助けようと、その話を和田にすると、和田は行ってくれという。

高級マンションを買ってもらった野川だが、パトロンが私的な撮影(ポルノフィルム?)のために用意された部屋で相手を務めるのが和田だとわかり動揺する。

和田は相手役で5万円もらったという。

たった五万円で・・・という野川は絶望するが・・結局撮影。

こんなところもそのものずばりなんて絵はなくてさすが鈴木清順(笑。

 

そんな和田に嫌気がさし、川地に頼んでマンションを売ってもらった野川に父が亡くなったという知らせが入る。

田舎に帰ると、妹が母の相手だった坊主と関係していることを知る。

 

和田が温泉を掘るんだといっていた場所へその坊主と向かい、坊主は野川を襲おうとして崖から転落。

 

最後は川地に東京へ行くと知らせて、東京にいる野川を映して終わり。

 

昭和41年、今から考えるとセクハラ、パワハラ満載な物語ですが、男性の女性に対する考え方がよくわかる映画でした。

女性もそれを受け入れて(仕方なく?)いたんでしょう。

絵の構図でうならせるところがたくさんありました。