日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

飢える魂 1956年日活

監督 川島雄三 脚本 柳沢類寿 川島雄三 原作 丹羽文雄

出演 三橋達也 南田洋子 轟夕起子 大坂志郎 金子信雄 小杉勇

   桑野みゆき 小林旭 高野由美 渡辺美佐子 

www.nikkatsu.com

 

www.nikkatsu.com

前にアマゾンプライムで”お金を払って”(笑 観たけれど、あまりに○○なので

続編見なかった作品。

 

日活チャンネルで期間限定公開なので続編もまたみたけれどあまりに○○なので(笑、やっぱり途中寝てしまった。

 

暴君に仕える妻、南田洋子と夫に先立たれふたりの子供を育てる轟夕起子を軸とした物語。

ストーリーが古すぎて(笑、当時はラジオ放送劇?まで放送されたメロドラマらしいけれど。。。

三橋達也がバーのホステス宅でガスストーブからガスが漏れだし、死んでしまう・・のは「風船」でも同じガスで死んでしまう三橋の愛人、新珠三千代を思い出したけれど、

どっちが先の映画なんだろう?

 

金子信雄の大学教授はおもしろかった。分厚い眼鏡でいつも煙草をふかしている。

大学生の小林旭は新人とあって初々しい。

桑野みゆきは可愛らしい高校生?。

 

各地のロケがあって当時の街を観れるのだけが良かった(笑。