日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

八千草薫

へそくり社長  1956年 東宝

監督 千葉泰樹 脚本 笠原良三 出演 森繁久彌 越路吹雪 八千草薫 小林桂樹 司葉子 三木のり平 上原謙 古川ロッパ 三好栄子 社長シリーズの第一作だという。監督が千葉泰樹だったので期待したが、後のシリーズの原型?のような映画(笑。 ただし、社長の恐妻家…

旅はそよ風   1953年 宝塚映画 

監督 脚本 稲垣浩 出演 大谷友右衛門(中村雀右衛門) 多々良純 八千草薫 淺芽しのぶ 杉狂児 東郷晴子 上田吉三郎 堤康久 役人に追われて山籠もりしていた盗人?の二人(大谷・多々良)が巻き起こす珍道中。 八千草は歌舞伎の「道行」に憧れて店の手代?と駆…

殉愛  1956年 東宝

監督 鈴木英夫 脚本 沢村勉・鈴木英夫 原作 山田照子 出演 八千草薫 鶴田浩二 笠智衆 夏川静江 小林桂樹 加藤大介 佐原健二 多々良純 戦争という抗し得ぬ暴力に死をもって抗議し、学徒出身の特攻隊員である夫に殉じて、若き生命を断った妻の手記を基にして映…