日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

小林桂樹

狸になった和尚さん  1946年 大映

監督 春原政久 脚本 八木沢武孝 岡田豊 笠原良三 出演 羅門光三郎 飛田喜佐夫 浦辺粂子 見明凡太郎 相馬千恵子 平井岐代子 潮万太郎 小林桂樹 鈴木美智子 加原武門 衛星劇場より 終戦後すぐの映画。和尚さんが化けてずーーと狸になってるのかと思ったらほん…

くちづけ 1955年 東宝

監督 筧 正典 鈴木英夫 成瀬巳喜男 脚本 松山善三 原作 石坂洋二郎 出演 青山京子 太刀川洋一 十朱久雄 杉葉子 笠智衆 滝花久子 中原ひとみ 司葉子 小泉博 清川虹子 藤原釜足 飯田蝶子 高峰秀子 上原謙 中村メイコ 小林桂樹 伊豆肇 長岡輝子 八千草薫 「くち…

がんばれ!盤嶽   1960年 東宝

監督 松林宗恵 脚本 岸松雄 新藤兼人 構成 山中貞雄 出演 小林桂樹 志村喬 富士真奈美 団玲子 小泉博 島崎雪子 山茶花究 安部徹 笠智衆 沢村いき雄 山中貞夫が1933年に作った「盤嶽の一生」を再映画化とある。 時代劇だが人情時代劇系。最後はめでたし♪ 栗橋…

江分利満氏の華麗な生活  1963年 東宝

監督 岡本喜八 脚本 井手俊郎 原作 山口瞳 出演 小林桂樹 新珠三千代 東野英治郎 英百合子 江原達怡 ジェリー伊藤 太刀川寛 平田昭彦 中丸忠雄 衛星劇場より 山口瞳というと二足の草鞋で今でいうダブルワーク?副業で成功を収めた元祖。 2番目は第一勧業銀行…

窓から飛び出せ  1950年 新東宝 

監督 島耕二 脚本 山崎謙太 島耕二 原作 大日方傳 出演 大日方傳 轟夕起子 小林桂樹 香川京子 汐見洋 岡村文子 大日方荒弼 大日方駿介 大日方百合子 大日方桃子 なんと大日方傳の実の子供4人が出演。うち3人は役でも大日方の子供、そして一番ハンサム?な隣…

スリランカ 愛と別れ  1976年 東宝

監督 木下恵介 脚本 木下恵介 原作 木下恵介 出演 北大路欣也 栗原小巻 高峰秀子 小林桂樹 津島恵子 なんだか無駄に長い映画。異国の地、スリランカを舞台に4つの愛を描いた物語らしいが、つまらな過ぎて開始30分でギブアップ(笑。 海外ロケではりきってス…

運命の暦  1948年 大映

監督 島耕二 脚本 舟橋和郎 原作 金貝省三 出演 相馬千恵子 小林桂樹 三條美紀 三國秀夫 岡村文子 戦後3年の映画。この当時やたらと上流階級の家庭の物語が多い気がする。まぁそういう映画を見れば一時でも自分の暮らしは忘れられるけど。 プリマンドナの梢…

アツカマ氏とオヤカマ氏   1955年 新東宝

監督 千葉泰樹 脚本 笠原良三 出演 小林桂樹 上原謙 久保菜穂子 細川俊夫 花井蘭子 三原葉子 相馬千恵子 森繫久彌 遠山幸子 なかなか面白かった。 なんと小林桂樹が厚かましい役。 本社から営業課員として転任した小林桂樹=渥美謙太郎はその厚かましさでア…

美貌の都   1957年 東宝 

監督 松林宗恵 脚本 井出俊郎 出演 司葉子 宝田明 木村功 小林桂樹 淡路恵子 清川虹子 浪花千栄子 上田吉二郎 斎藤達雄 万代峰子 扇千景 初音礼子 環三千世 なんと、あの扇千景がちょっと登場する。なんだか議長席で偉そうな顔してるおばさん・・・昔、テレ…

かくて夢あり  1954年 日活

監督 千葉泰樹 脚本 猪俣勝人 小森静男 出演 宮城野由美子 花柳小菊 島崎雪子 小林桂樹 伊豆肇 若原雅夫 清水一夫 山村聰 多々良純 利根はる恵 梅原道子 北林谷栄 千秋実 清水将夫 伊沢一郎 小堀誠 山田禅二 www.nikkatsu.com 戦後 制作を再開した日活の現代…

名もなく貧しく美しく  1961年 東宝

監督 脚本 松山善三 出演 高峰秀子 小林桂樹 原泉 草笛光子 沼田曜一 荒木道子 根岸明美 中北千枝子 藤原釜足 高橋昌也 加山雄三 河内桃子 織田政雄 中村是好 多々良純 小林十九二 十朱久雄 賀原夏子 小池朝雄 加藤武 村上冬樹 松山善三 監督第一回作品・・…

サラリーマン忠臣蔵/続 サラリーマン忠臣蔵 1960年/1961年 東宝

監督 杉江敏男 脚本 笠原良三 出演 森繁久彌 小林桂樹 加藤大介 三船敏郎 池部良 夏木陽介 宝田明 三橋達也 東野英治郎 山茶花究 柳永二郎 有島一郎 志村喬 新珠三千代 久慈あさみ 司葉子 団玲子 草笛光子 中島そのみ 柳家金語楼 藤木悠 八波むと志 児玉清 …

へそくり社長  1956年 東宝

監督 千葉泰樹 脚本 笠原良三 出演 森繁久彌 越路吹雪 八千草薫 小林桂樹 司葉子 三木のり平 上原謙 古川ロッパ 三好栄子 社長シリーズの第一作だという。監督が千葉泰樹だったので期待したが、後のシリーズの原型?のような映画(笑。 ただし、社長の恐妻家…