日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

霧立のぼる

虞美人草  1941年 東宝

監督 中川信夫 脚本 桜田半三 原作 夏目漱石 出演 高田稔 江川宇礼雄 霧立のぼる 花柳小菊 花井蘭子 北沢彪 伊藤智子 花井蘭子ってけっこう古い人なんだと再認識した映画(笑。 明治の終わりの結婚事情よ家督相続の話だけれど、さすがにみんなの考え方が古い…

泣き笑い地獄極楽  1955年 大映

監督 浜野信彦 脚本 高橋二三 出演 船越英二 伏見和子 霧立のぼる 古今亭志ん生 藤田佳子 品川隆二 54分ほどの映画だから少々尻切れでもこれはなんとなく最後までみれた感じだが、やはりネットで調べないと結末が・・(笑。 落語家の三升(船越英二)は師匠 …

雪崩   1937年 東宝

監督 脚本 成瀬巳喜男 原作 大佛次郎 出演 佐伯秀男 霧立のぼる 汐見洋 英百合子 江戸川蘭子 丸山定夫 三島将夫 生方明 成瀬巳喜男が脚本を書いた作品。時間も50分くらい。 霧立のぼるはお金持ちの家のお嫁さんで、姑は英百合子。最初は姑が嫁をいじめる物語…