日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

江川宇礼雄

七つの海 処女編・貞操編  1931年 松竹

監督 清水宏 脚本 ? 出演 川崎弘子 江川宇礼雄 岡譲二 若水絹子 高峰秀子 結城一郎 村瀬幸子 伊達里子 先日、六本木のアマンドへ行った。帰りは「朝の波紋」で高峰秀子と池部良が歩いた(と思われる)鳥居坂近辺をふらつき、フィリピン大使館裏を回って植木…

花嫁の寝言   1933年 松竹

監督 五所平之助 脚本 伏見晃 原作 湯山東吉 出演 田中絹代 小林十九二 斎藤達雄 水久保澄子 逢初夢子 江川宇礼雄 坂本武 飯田蝶子 河村黎吉 ずっと見たかった映画。「花婿の寝言」より2年前に作られたコメディ。 なんと水久保澄子が女給役で出演!しかもこ…

虞美人草  1941年 東宝

監督 中川信夫 脚本 桜田半三 原作 夏目漱石 出演 高田稔 江川宇礼雄 霧立のぼる 花柳小菊 花井蘭子 北沢彪 伊藤智子 花井蘭子ってけっこう古い人なんだと再認識した映画(笑。 明治の終わりの結婚事情よ家督相続の話だけれど、さすがにみんなの考え方が古い…