日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

若草物語 1964年 日活

監督 森永健次郎 脚本 三木克巳

出演 芦川いづみ 浅丘ルリ子 吉永小百合 和泉雅子 浜田光夫 和田浩二

   山内賢 内藤武敏 伊藤雄之助 清水将夫 高野由美 

 

www.nikkatsu.com

 

この時代、吉永小百合浜田光夫って年に何本の映画に出演していたのだろう・・・

 

大阪の4姉妹の物語。出演者が喋る大阪弁は大阪人からしたら絶対文句があるだろう(笑。

 

伊藤雄之助は妻が亡き後、恋人ができて自分の店(何屋?)を三女の吉永小百合に任せて二人で熱々に出かけたりする父親。

次女の浅丘ルリ子と四女の和泉雅子は工場勤め?で大阪での毎日にくさくさしている。

そんな3人が東京で家庭をもった長女の芦川いづみの元へなんと飛行機で家出してくる(笑。

団地住まいの芦川が妹たちと喋っていると夫の内藤武敏が帰ってくるが、出たのが四女だったので家を間違えたかと「どうも失礼しました」というのがギャグか(笑。

この時代、団地はどこも同じ作りで家を間違える人が多かったのか?こういう場面はこの映画だけでなくなにかで結構みた記憶がある。

 

東京のデパートで職をみつけた次女と三女は内藤武敏の紹介でアパートへ引っ越す。

まだ仕事がみつからない和泉雅子はあっけらかんとしていていつも明るいが三女の吉永小百合は真面目で父親が大好きな娘だ。次女の浅丘ルリ子の恋人が幼馴染ですでに東京でニューステレビ番組の制作会社?にいるカメラマンの浜田光夫だが、三女の吉永は密かに浜田が好きだ。

 

家出のときに同じ飛行機に乗り合わせた金持ちの息子で大学生の和田浩二。

羽田から芦川いづみの家へ乗せてあげたのが縁でその後もちょくちょく誘われるようになった浅丘ルリ子。ある日、和田の家へ行くと和田の両親(清水将夫・高野由美)、妹を紹介され、突然プロポーズされる。浅丘は付き合っている人がいることをどうしても言えなかった・・・。

 

後日、自分たちが住むマンションだと連れていかれたときに浅丘は自分には付き合っている人がいると和田に言うが・・・

 

浅丘よりも年下の和田、そして浅丘の恋人の浜田光夫。特に浜田光夫はベビーフェースで浅丘ルリ子の恋人役?ってどうかなぁと思った。貫禄が全然違う(笑。

浅丘ルリ子はすでにマイトガイ(笑と別れ、堂々の女っぷり♪♪

 

結局浅丘は和田と結婚。新婚旅行で旅立つ羽田空港へ見送りの吉永は浜田の友人から浜田が田舎へ転勤することを聞かされる。

彼は吉永と少し付き合ったこともあり、田舎の両親にも吉永を紹介しようと思っていたりだったが、吉永ははっきりしない。

ところが浜田の転勤を知った吉永は振り切るようにしてモノレールに乗り、アパートへ荷物をとりに帰って浜田の元へ行く決心をする・・・

 

そんな感じ。

 

東京オリンピック開催後に公開された映画だが、オリンピック前に撮影されたのだろう

建設中のスタジアム?なんかが映し出される。

三姉妹の住むアパートはロケ。晴海の団地?も写るが車も多くなくて殺風景だ。