日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

高峰秀子

女優にあるまじき高峰秀子  2018年 斎藤明美  草思社

私の好きな表紙の本。出版された時、なぜか購入機会を逸していまだ所有せず。図書館にて借りた。前にも読んだけれど、もう一度読み直し。 待たせない、自作を観ない、マネージャー、付き人を持たない・・・などからなる高峰秀子の実像!この自作を観ないでは…

松竹映画70年の女優 田中絹代から寅さんのマドンナたち 1982年

有難いことに1982年、荻昌弘のロードショウ―番組で松竹映画の女優さん達のインタビュー映像と映画の一部が紹介された番組を録画されていた方のアップ映像がありました。 栗島すみ子から始まって、 栗島すみ子 81才 吉川満子 吉川満子 82才 そしてなんと逢初…

三百六十五夜    1948年 新東宝

監督 市川崑 脚本 舘岡謙之助 原作 小島政二政 出演 上原謙 山根寿子 高峰秀子 堀雄二 大日方伝 吉川満子 河村黎吉 一の宮あつ子 石井ふく子 なんとデコちゃん出演、そんなことならもっと早くみるべきだった・・・が! が! やたらと長いだけの映画だった(…

浮雲 その2 1955年 東宝

監督 成瀬巳喜男 脚本 水木洋子 原作 林芙美子 出演 高峰秀子 森雅之 岡田茉莉子 加藤大介 金子信雄 中北千枝子 木匠マユリ 山形勲 千石規子 大川平八郎 ロイ・ジェームス 村上冬樹 出雲八重子 と、いうことで高峰秀子、誕生日記念の夕べ・・(笑で、ひとり…

今日、3月27日はデコちゃん、高峰秀子の誕生日です。

このところ見る動画は、邦画ではなくて、スーツさん(ハマってます 笑)、 その他、酷道を行く人、山登り動画を観るようになったら・・・なぜかライブ中継中に富士山頂上付近から滑落してしまった方の動画(本人は〇〇しました)にいきついてしまいショック…

名もなく貧しく美しく  1961年 東宝

監督 脚本 松山善三 出演 高峰秀子 小林桂樹 原泉 草笛光子 沼田曜一 荒木道子 根岸明美 中北千枝子 藤原釜足 高橋昌也 加山雄三 河内桃子 織田政雄 中村是好 多々良純 小林十九二 十朱久雄 賀原夏子 小池朝雄 加藤武 村上冬樹 松山善三 監督第一回作品・・…

浮雲 1955年 東宝

監督 成瀬巳喜男 脚本 水木洋子 原作 林芙美子 出演 高峰秀子 森雅之 中北千枝子 岡田茉莉子 山形勲 千石規子 木匠マユリ 加藤大介 大川平八郎 私は「浮雲」より「女が階段を上がる時」のほうが好きだが、DVDで欲しかった。中古購入を考えていたところアマゾ…

七つの海 処女編・貞操編  1931年 松竹

監督 清水宏 脚本 ? 出演 川崎弘子 江川宇礼雄 岡譲二 若水絹子 高峰秀子 結城一郎 村瀬幸子 伊達里子 先日、六本木のアマンドへ行った。帰りは「朝の波紋」で高峰秀子と池部良が歩いた(と思われる)鳥居坂近辺をふらつき、フィリピン大使館裏を回って植木…

煙突の見える場所  1953年 新東宝

監督 五所平之助 脚本 小国英雄 出演 田中絹代 上原謙 高峰秀子 芥川比呂志 花井蘭子 田中春男 中村是好 関千恵子 浦辺粂子 三好栄子 坂本武 やっぱり「大阪の宿」のほうが出来がよい。しかし、煙突の~だけみて大阪の~を見ていない人が多いのか、やたらと…

女が階段を上る時  1960年 東宝

監督 成瀬巳喜男 脚本 菊島隆三 出演 高峰秀子 森雅之 仲代達矢 加藤大介 小沢栄太郎 団玲子 中村雁治郎 淡路恵子 沢村貞子 賀原夏子 織田政雄 細川ちか子 中北千枝子 多々良純 山茶花究 東郷晴子 千石規子 アマゾンより 高峰秀子が衣装を担当した夜の銀座の…

あらくれ   1957年 東宝

監督 成瀬巳喜男 脚本 水木洋子 原作 徳田秋声 出演 高峰秀子 上原謙 森雅之 加藤大介 三浦光子 志村喬 清川玉枝 宮口精二 東野英治郎 岸輝子 坂本武 仲代達矢 賀原夏子 中北千枝子 出雲八重子 田中春男 千石規子 中村是好 沢村貞子 高堂国典 丹阿弥谷津子 …

朝の波紋   1952年 新東宝

監督 五所平之助 脚本 館岡謙之助 原作 高見順 出演 高峰秀子 池部良 岡田英二 瀧花久子 清水将夫 斎藤達雄 中村是好 上原謙 香川京子 高田稔 汐見洋 岡本克政 三宅邦子 沢村契恵子 浦辺粂子 沼田曜一 吉川満子 成瀬巳喜男のファンページというサイトには成…

東京の合唱  1931年 松竹蒲田

監督 小津安二郎 脚本 野田高梧 出演 岡田時彦 八雲恵美子 斎藤達雄 菅原秀雄 高峰秀子 飯田蝶子 坂本武 一本気な岡田時彦は同僚、坂本武の解雇に抗議し、勤める生命保険会社の社長と喧嘩したあげく、彼もクビになって失業。 家には 妻、八雲恵美子、長男 菅…

東京のえくぼ  1952年 新東宝

監督 松林宗恵 脚本 小国英雄 出演 上原謙 丹阿弥谷津子 高峰秀子 小林桂樹 柳家金語楼 清川虹子 古川ロッパ 小倉繁 田中春男 江川宇礼雄 現代版シンデレラ?物語。 特別出演として高峰秀子が婦人警官役でちょっとでてるけれど、丹阿弥谷津子よりデコちゃん…

女学生記  1941年 東宝

監督 村田武雄 脚本 鈴木紀子 原作 細川武子 出演 高峰秀子 御橋公 英百合子 矢口陽子 山田五十鈴 デコちゃん主演?らしいが、デコちゃんよりほかの女学生の2人(名前はわからない)の話が一番出てくる映画(笑。 出演者はたくさんいたが、上記の人物しか私…

愛の世界  山猫とみの話  1943年 東宝

監督 青柳信雄 脚本 如月敏 黒川愼 出演 高峰秀子 里見藍子 谷間小百合 菅井一郎 田中筆子 戦時中の映画。 素行不良?の者を収容する施設に入所する「とみ(高峰秀子)」と指導にあたる女先生(里見藍子)。施設長?は菅井一郎だが教育熱心な心の広い人を演…

我が家は楽し   1951年 松竹

監督 中村登 脚本 柳井隆雄 田中澄江 出演 山田五十鈴 高峰秀子 笠智衆 桜むつ子 岸惠子 佐田啓二 高堂国典 山田五十鈴がサラリーマンの妻役で、それまでのイメージ、芸者とか悪い女とかのイメージが払しょくされて、その演技のすごさにびっくりした最初の作…

良人の貞操  1937年 P・C・L

監督 山本嘉次郎 脚本 木村千依男 山本嘉次郎 原作 吉屋信子 出演 入江たか子 千葉早智子 高田稔 堤眞佐子 丸山定夫 高峰秀子 清川虹子 御橋公 入江・高田コンビ。いまでいう不倫の話だが、、、千葉早智子が優しすぎる(笑。 研究所勤めの高田稔が朝、妻 千…

新道 前編 朱実の巻 後編 良太の巻  1936年 松竹

監督 五所平之助 脚本 五所平之助 野田高梧 原作 菊池寛 出演 田中絹代 川崎弘子 佐分利信 佐野周二 上原謙 高峰秀子 斉藤達雄 吉川満子 岡村文子 デコちゃん12歳。声がまだ子供だが、役では15歳。 外交官の父、斎藤達雄の娘、田中絹代は霧ケ峰へ避暑にでか…

或る夜の殿様  1946年 東宝

監督 衣笠貞之助 出演 長谷川一夫 山田五十鈴 高峰秀子 吉川満子 北沢彪 志村喬 進藤英太郎 飯田蝶子 菅井一郎 河野秋武 中北千枝子 清水将夫 戦後1年で封切された映画。東宝オールスター出演作としてお盆興行で大ヒットしたとあるが、どれだけの人が見に行…

見世物王国   1937年 PCL

監督 松井稔 脚本 阪田英一 原作 古川ロッパ 出演 高峰秀子 藤原釜足 岸井明 大川平八郎 清川虹子 清川玉枝 小島洋々 古川ロッパ 見世物小屋を舞台にしたドタバタ劇。デコちゃん13歳。 田舎から東京見物にやってきたデコちゃん一家。父 小島洋々 母 清川虹子…

女の座  1962年 東宝

監督 成瀬巳喜男 脚本 井出俊郎 松山善三 出演 高峰秀子 小林桂樹 丹阿弥津子 草笛光子 笠智衆 杉村春子 宝田明 三益愛子 加藤大介 淡路恵子 三橋達也 司葉子 星由里子 夏木陽介 団玲子 一の宮あつ子 大沢健三郎 雑貨店?を営む家の嫁高峰秀子は3年前に夫に…

稲妻 1952年 東宝

監督 成瀬巳喜男 脚本 田中澄江 原作 林芙美子 出演 高峰秀子 浦辺粂子 三浦光子 村田知栄子 丸山修 植村謙一郎 根上淳 香川京子 瀧花久子 中北千枝子 小沢栄太郎 このブログ、過去自分がなんの映画について書いたのかさっぱりわからない(笑。 だから同じ映…

娘・妻・母  1960年 東宝

監督 成瀬巳喜男 脚本 井出俊郎 松山善三 出演 原節子 高峰秀子 草笛光子 三益愛子 淡路恵子 杉村春子 中北千枝子 団玲子 森雅之 宝田明 仲代達矢 太刀川洋一 加藤大介 笠智衆 アマゾンではもうこのDVD(6月17日発売)が値上げされていて、「女であること」 …

花つみ日記  1939年 東宝

監督 石田民三 脚本 鈴木紀子 原作 古屋信子 出演 高峰秀子 葦原邦子 清水美佐子 御舟京子(加藤治子)進藤英太郎 大阪の芸者置屋?の娘 栄子(高峰秀子)は女学生。東京から転校してきたみつる(清水美佐子)と仲良しになる。みつるには東京に兄がいる。 担…

高峰秀子の反骨   河出書房新社  2020年4月初版

大型書店で買おうと思っていたけれど、最近、散歩がてら行く商店街の街の本屋さんで見かけて思わず買ってしまった(笑。 反骨なエッセイや講演をまとめた本。写真はない。 まず構成がよかった。 私の生いたち 娘・妻・母 と題する講演会で高峰が喋った内容か…

わがやのおかずこの一品 高峰秀子編 光文社 昭和58年 初版

有名人65人のこれさえあれば・・・高峰秀子編 あのKAPPA HOMESシリーズだ。 高峰秀子の口上が絶品! そして高峰の台所仕事は、母の「清潔好き」「潔癖」を乗り越えて、「癇症」といおうかほぼビョーキといえるまでエスカレートしちゃった理由は自分にもわか…

高峰秀子おしゃれの流儀   高峰秀子 斎藤明美 筑摩書房 令和2年4月 第一刷

hontoにはポイントが多少あって、今月、そのうちの何ポイントかが消滅するらしい。 だからhonto経由でこの本を買って購入したかった。 hontoは送料をとるので某大型書店にhonto経由で取り置きしてもらい買いに行っていたが、コロナでその大型書店は取り置き…

旅日記 ヨーロッパ二人三脚  高峰秀子 新潮社 平成25年

高峰秀子亡き後、斎藤氏が発見したエッセイをまとめた旅日記です。 しかもこの本、斎藤明美氏のサイン本です! 本日届きました。状態はとてもいいです。新古本? これで高峰一家3名のサイン本揃いました。 読み跡つけるのが嫌なので図書館が開館する来月(多…

旅は道づれガンダーラ  高峰秀子・松山善三 サイン本 昭和55年 第7刷 潮出版社

とうとう手に入れました。 高峰秀子・松山善三夫妻のサイン本! 誰にも読まれないままずっと保管されていたような本で古本の匂いはしますが、 暫く部屋においておけば消えるはず(笑。 「常備寄託」と書かれたスリップも新品のままで、栞紐も同じく新品同様…