日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

1951年 松竹

カルメン故郷に帰る  1951年 松竹

監督 木下恵介 脚本 木下恵介 出演 高峰秀子 小林トシ子 佐野周二 望月優子 笠智衆 井川邦子 三井弘次 見明凡太郎 佐田啓二 磯野秋雄 坂本武 www.shochiku.co.jp デコちゃん26、7歳!の時の映画。その後パリへ逃避行??する。 2024年は高峰秀子生誕…

『子に詫びる』より 母待草 1951年 松竹

監督 佐々木啓祐 脚本 長瀬喜伴 原作 竹田敏彦 出演 水谷八重子 岸惠子 水原真知子 村田知栄子 江原達怡 新田實 高橋とよ 衛星劇場より 子役で若大将シリーズでマネージャー役の江原達怡が出ていた!wikiによると残念ながら2021年に亡くなっていた。数年前に…

我が家は楽し   1951年 松竹

監督 中村登 脚本 柳井隆雄 田中澄江 出演 山田五十鈴 高峰秀子 笠智衆 桜むつ子 岸惠子 佐田啓二 高堂国典 山田五十鈴がサラリーマンの妻役で、それまでのイメージ、芸者とか悪い女とかのイメージが払しょくされて、その演技のすごさにびっくりした最初の作…

麦秋  1951年 松竹

監督 小津安二郎 脚本 小津安二郎 野田高梧 出演 原節子 笠智衆 菅井一郎 東山千栄子 三宅邦子 佐野周二 杉村春子 二本柳寛 淡島千景 高橋豊子 宮口精二 谷よしの 小津安二郎監督のなかでは一番好きな作品です。 紀子三部作のひとつだそうで、「東京物語」「…