日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

笠智衆

くちづけ 1955年 東宝

監督 筧 正典 鈴木英夫 成瀬巳喜男 脚本 松山善三 原作 石坂洋二郎 出演 青山京子 太刀川洋一 十朱久雄 杉葉子 笠智衆 滝花久子 中原ひとみ 司葉子 小泉博 清川虹子 藤原釜足 飯田蝶子 高峰秀子 上原謙 中村メイコ 小林桂樹 伊豆肇 長岡輝子 八千草薫 「くち…

白い炎 1958年 松竹

監督 番匠義彰 脚本 柳井隆雄 原作 井上靖 出演 大木実 高千穂ひずる 田村高廣 小鳩くるみ 夏川静江 笠智衆 有沢正子 小林十九二 www.shochiku.co.jp 松竹より 当時はやりのメロドラマなんだけど原作が井上靖なんで丁寧なつくり。 那津子はちべっとへ探検に…

橋  1959年 松竹

監督 番匠義彰 脚本 柳井隆雄 原作 大佛次郎 出演 岡田茉莉子 笠智衆 大木実 石浜朗 須賀不二男 細川俊夫 福田公子 渡辺文雄 水戸光子 磯野道子 www.shochiku.co.jp 題名は「橋」だけど、橋はあんまり関係ない。 ただし冒頭、勝鬨橋と上空から撮った三吉橋は…

君の名は   第2部 1953年 松竹

監督 大庭秀雄 脚本 柳井孝雄 原作 菊田一夫 出演 岸惠子 佐田啓二 淡島千景 月丘夢路 日守新一 三井弘次 望月優子 北原三枝 笠智衆 小林トシ子 市川春代 野添ひとみ 磯野秋雄 www.shochiku.co.jp 勝則の子供を身籠った真知子は、子供のためにと夫の元へ戻る…

生きとし生けるもの  1955年 日活

監督 西河克己 脚本 橋本忍 原作 山本有三 出演 三國連太郎 三島耕 南寿美子 轟夕起子 山村聰 山内明 笠智衆 田中筆子 北原三枝 東谷暎子 www.nikkatsu.com 物語の前半はおもしろいけど、後半が(笑。 日活によると豪華出演者による人間の平等を描いた作品ら…

わかれ  1959年 松竹

監督 野崎正郎 脚本 池田忠雄 原作 高見順 出演 鰐淵晴子 山田五十鈴 安井昌二 英百合子 笠智衆 菅佐原英一 鳳八千代 佐竹明夫 村瀬幸子 福田公子 松竹より すごーく丁寧に作られてると感じた映画。 鰐淵晴子の映画は初めて見た気がします。 箱根仙石原の旅…

森の石松  1949年 松竹

監督 吉村公三郎 脚本 新藤兼人 出演 藤田進 殿山泰司 轟夕起子 朝霧鏡子 志村喬 飯田蝶子 三井弘次 安部徹 笠智衆 森の石松という映画はたくさんつくられた。この作品は松竹の1949年というが日活では1937年、黒川弥太郎主演のものがある。見てみたい。 貧乏…

東京物語  1953年 松竹

監督 小津安二郎 脚本 野田高梧 小津安二郎 出演 原節子 笠智衆 東山千栄子 香川京子 杉村春子 山村聰 三宅邦子 大坂志郎 十朱久雄 東野英治郎 川本三郎、筒井清忠氏は「いつまでも小津安二郎、黒澤明ばかりではないだろう・・」と日本映画隠れた名作で述べ…

月は上がりぬ   1954年 日活

監督 田中絹代 脚本 小津安二郎 斎藤良輔 出演 笠智衆 佐野周二 安井昌二 山根寿子 杉葉子 北原三枝 三島耕 田中絹代 小田切みき www.nikkatsu.com 田中絹代は生涯5本の監督作品を残した。私は彼女の監督作品は良い出来だと思っています。一番良かったのは …

四つの恋の物語   1965年 日活

監督 西村克己 脚本 三木克巳 出演 吉永小百合 和泉雅子 芦川いづみ 十朱幸代 笠智衆 浜田光夫 関口宏 藤竜也 下元勉 横山道代 白木マリ 賀原夏子 www.nikkatsu.com 私がみたいのは1947年のなんだけれど(笑。 笠智衆は定年を迎え、退職慰労金250万円を娘4人…

鐘の鳴る丘 隆太の巻  1948年 松竹

監督 佐々木啓祐 脚本 斎藤良輔 原作 菊田一夫 出演 佐田啓二 笠智衆 飯田蝶子 英百合子 菅井一応 高杉妙子 戦後、親兄弟親戚を亡くしたり行方不明になったりして誰も頼る人がいない子供が浮浪児と呼ばれていた。そんな時代の3部作のうちの最初の作。 子役が…

一人息子 1936年 松竹

監督 小津安二郎 脚本 池田忠雄 荒田正男 原作 ゼームス・槇 出演 飯田蝶子 日守新一 笠智衆 吉川満子 坪内美子 高松栄子 葉山正雄 突貫小僧 信州の貧しい母子家庭の息子は先生の勧めもあって大学まで行った。息子の東京での成功をみようと、母、飯田蝶子が…

幻の町  1976年 東芝日曜劇場

花も嵐も 女優・田中絹代の生涯という本のなかで紹介されていたテレビドラマ。 8月に日本テレビ専門チャンネルで放映されたのを録画していた。目当ては違うドラマなのだが、一挙に放送されたので一応録画していてこの本で気付いた。 笠智衆、田中絹代夫妻は1…