日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

日守新一

学生ロマンス 若き日  1929年 松竹

監督 小津安二郎 脚本 伏見晃 小津安二郎 出演 結城一郎 斎藤達雄 松井潤子 日守新一 笠智衆 飯田蝶子 高松栄子 坂本武 動く(笑 斎藤達雄、日守新一、笠智衆の若い頃が見れます。 都の西北・・・(早稲田のことか?)の大学に通う大学生、結城一郎は強引で…

一人息子 1936年 松竹

監督 小津安二郎 脚本 池田忠雄 荒田正男 原作 ゼームス・槇 出演 飯田蝶子 日守新一 笠智衆 吉川満子 坪内美子 高松栄子 葉山正雄 突貫小僧 信州の貧しい母子家庭の息子は先生の勧めもあって大学まで行った。息子の東京での成功をみようと、母、飯田蝶子が…

抱かれた花嫁  1957年 松竹

監督 番匠義彰 脚本 椎名利夫 光畑碩郎 出演 有馬稲子 高橋貞二 望月優子 日守新一 大木実 朝丘雪路 桜むつ子 高千穂ひずる 桂小金治 田浦正巳 片山明彦 小坂一也 鮨忠の看板娘、有馬稲子の結婚問題を軸に、弟、兄、そして母親の望月優子がおりなすホームコ…