日本映画1920-1960年代の備忘録

1920年代の無声映画から1960年代前半の日本映画

若尾文子

蛍火  1955年 松竹

監督 五所平之助 脚本 八柱利雄 原作織田作之助 出演 淡島千景 若尾文子 森美樹 伴淳三郎 沢村貞子 三島雅夫 三好栄子 三井弘次 東野英治郎 中村是好 須賀不二男 伏見の船宿 寺田屋の女将登勢を中心とした物語。そこへ幕末の志士坂本龍馬がでてくる。どこま…

癇癪老人日記 1962年 大映

監督 脚本 木村恵吾 原作 谷崎潤一郎 出演 若尾文子 山村聰 川崎敬三 東山千栄子 丹阿弥弥津子 村田知栄子 倉田マユミ この映画、ずいぶん前にテレビ(日本映画専門チャンネル?)で見たことがあります。 動画でアップされていたので久々に再見しました。 話…

女は二度生まれる  1961年 大映

監督 川島雄三 脚本 井出俊郎 川島雄三 原作 富田常雄 出演 若尾文子 山村聰 フランキー堺 村田知栄子 潮万太郎 藤巻潤 山茶花究 高見国一 山岡久乃 倉田マユミ 江波杏子 中条静夫 菅原道済 八潮悠子 DVDを購入した作品です。 靖国神社裏の置屋にすむ若尾文…

処刑の部屋 1956年 大映

監督 市川崑 原作 石原慎太郎 脚本 和田夏十 長谷部慶次 出演 川口浩 若尾文子 宮口精二 岸輝子 中村伸郎 川崎敬三 入江洋佑 梅若正義 小高尊 平田守 なんだか重くて暗い映画でした。 なんといっても衝撃だったのは、川口浩と大学の友人でお金持ちの息が、女…